TOP > お客様サポート > お手入れマニュアル > 洗剤の種類

お手入れマニュアル

お手入れマニュアル 洗剤の種類
キッチン編を見る
洗面化粧台編を見る
バス編を見る
トイレ編を見る
洗剤は一般的に、その液性によって「中性」「弱アルカリ性」「アルカリ性」「酸性」の4つに分類され、それぞれ用途と使用方法が異なります。お手入れする場所の材質や汚れ具合によって上手に使い分けましょう。

下表は一般的な洗剤の紹介です。弊社製品のお手入れに推奨するものではありません。
弊社製品のお手入れにあたっては、基本的に中性洗剤をご使用ください。不適切な洗剤を使用したり使用方法を誤ると、製品に不具合が生じる恐れがありますのでご注意ください。
実際のご使用にあたっては、当資料各ページや製品本体の取扱説明書、および洗剤に記載されている取扱説明書に従ってご使用ください。
<住まいの洗剤 種類と特長>
液性 種 類 主な用途 主成分 特 長


洗剤 一般の掃除
食器洗い
界面活性剤
毎日のお手入れに最適な洗剤です。酸やアルカリではなく、界面活性剤のみの働きで汚れを落とします。素材を傷める心配も少なく安心して使える洗剤ですが、使用後は必ずよくすすぐか水拭きをして洗剤を落としましょう。日常的に使われる台所用洗剤・食器用洗剤や浴室用洗剤はこの中性洗剤にあたります。
 
例)食器用洗剤、台所用洗剤、浴室用洗剤





洗剤 ガンコな汚れ
油汚れ
アルカリ剤
界面活性剤
手アカなどの軽度の油汚れやヤニの汚れなど、中性洗剤で落とし切れない汚れに対して効果的な洗剤です。界面活性剤の働きを助けるためにアルカリ剤を配合しています。アルカリ成分の働きで油・タンパク質を分解する性質上、肌がデリケートな方や長時間使用する際にはゴム手袋を着用しましょう。
 
例)風呂釜洗浄剤、ガラスクリーナー、住宅用洗剤
クレンザー 研磨剤
界面活性剤
汚れを化学的に分解するのではなく、研磨剤の粒子により物理的に削り落とします。クレンザーにはクリームタイプや粉末タイプ、ペーストタイプなどがあり、それぞれ研磨剤の粒子の大きさや用途が異なります。落ちにくいこびり付いた汚れに効果的ですが、磨き方によっては表面を傷つけたり光沢を損なう恐れがあります。
 
例)クリームクレンザー、粉末クレンザー




洗剤 ガンコな
油汚れ
アルカリ剤
界面活性剤
変質した油汚れやガンコな手アカを分解して落とす強力な洗剤です。塗装面では、塗装が剥離・変色する場合もありますので、使用にあたっては注意が必要です。ゴム手袋を忘れずに着用しましょう。使用後は必ず使用した箇所のすすぎを念入りに行う必要があります。
 
例)住宅用洗剤
塩素系
漂白剤
漂白
カビ取り
酸化剤
アルカリ剤
界面活性剤
浴室のカビ取りや、キッチン用具の漂白・洗浄などに使用します。洗浄効果の他に除菌・消臭効果もあります。使用の際はゴム手袋をして肌を保護し、換気に努めましょう。使用後には必ず使用箇所のすすぎを念入りに行い、洗剤が残らないようにする必要があります。
酸性洗剤と併せて使うのは危険なのでやめましょう。
 
例)漂白剤、カビ取り剤

洗剤 トイレ掃除 酸剤
界面活性剤
塩酸などの酸剤が主成分の強力な洗剤です。
尿石や水アカ、鉄サビなどに効果的でトイレ用洗浄剤としてよく使われていますが、金属や人造大理石、タイル・目地材などを傷めますのでキッチン・浴室には適していません。アルカリ性洗剤同様強力なので使用の際には十分注意が必要です。塩素系漂白剤との併用は危険なのでやめましょう。
 
例)トイレ用洗浄剤
溶剤 ベンジン、シンナーなど マジックの落書きなど油性の汚れに対してよく使われますが、素材を傷めますのでキッチン・洗面・浴室のお手入れには使用しないでください。
一緒に使わないようにしましょう!
塩素系漂白剤と酸性洗剤を混ぜると、化学反応を起こし有毒な塩素ガスが発生します。死亡するケースもあり大変危険です。「まぜるな危険」の表記がある洗剤は他のものとは混ぜないようにしましょう。また、アルカリ性洗剤と酸性洗剤を併用すると中和作用で効果も減少してしまいます。
塩素系洗浄剤
酸性洗剤
= 塩素ガスが発生して危険!
アルカリ性洗剤
酸性洗剤
= 中和作用で効果減少
お手入れマニュアルTOPへ

カタログ

ショールームのご案内

CMギャラリーCMギャラリー
ホーローの魅力がいっぱいの
最新CMをご紹介。

このページの一番上へ

タカラで叶える! 家事らくリフォームのご紹介

タカラパートナーショップ|タカラ製品取扱店・リフォーム店を探す

カタログ

ショールームのご案内