TOP > お客様サポート > お手入れマニュアル > 洗面化粧台編 > ボウル、キャビネット、扉、引出し、ミラー、丁番

お手入れマニュアル

お手入れマニュアル 洗面化粧台編 ボウル、キャビネット、扉、引出し、ミラー、丁番
キッチン編を見るへ
バス編を見るへ
トイレ編を見るへ
洗剤の種類を見るへ
ボウル・キャビネット・扉・引出し・ミラー
<日常のお手入れ>
水を含ませた布またはスポンジで水滴・汚れをふき取り、最後に乾拭きします。
 
<汚れてしまったら>
中性洗剤を含ませた布またはスポンジで汚れを落とします。その後、水を含ませた布またはスポンジで洗剤をふき取り、最後に乾いた布で水分をよくふき取ってください。
 
 
ご注意
ミラーキャビネットは大半がプラスチック製です。薬品や化粧品の中にはプラスチックに付着したままにしておくと変色や変質・ケミカルストレスクラックの原因となる物もありますので、付着した場合には速やかにふき取ってください。
シンナー・ベンジンなどの溶剤、酸性・アルカリ性・塩素系の洗剤、漂白剤は使用しないでください。商品を傷める恐れがあります。
金属製のタワシなど硬質の物は、光沢を損ねたり表面を傷める恐れがありますので使用しないでください。
ケミカルストレスクラックって何?
樹脂に荷重がかかっている箇所に薬品・化粧品等が付着・接触した場合、時間経過を伴って、薬品や化粧品等と応力の相乗効果にて樹脂が割れる現象をケミカルストレスクラック現象、その割れをケミカルストレスクラックと呼んでいます。特徴としては下記の内容があります。

1. 強制破壊面は白化しますが、ケミカルストレスクラックの割れ面は、白化現象はなく光沢があり滑らかです。

2. 樹脂劣化を促進する物質は、油分・クレンジング剤など、特に限定はなく非常に広範囲に渡ります。 

3. クラックなどの現象が発生するまでに、時間経過を要する場合が多くあります。
丁番
<丁番の調整の仕方>
扉がガタついたり、扉に段違いが発生した場合は、丁番を取付けているネジをしっかり締め直してください。丁番には(イ) (ロ) (ハ)の3種類が有ります。
■扉のガタつきの修正
Aのネジをしっかり締め込んでください。
■扉の前後方向の調整
Aのネジをゆるめて丁番を移動させ、再度Aのネジを締め込んでください。
■扉の左右方向(段違い)の調整
(イ)(ハ)のタイプはBのネジの締め込み代で調整してください。
(ロ)のタイプはAのネジをゆるめた後、Bのネジの締め込み代で調整し、再度Aのネジを締めこんでください。
ページトップへ ▲
INDEXページへ

カタログ

ショールームのご案内

CMギャラリーCMギャラリー
ホーローの魅力がいっぱいの
最新CMをご紹介。

このページの一番上へ

タカラで叶える! 家事らくリフォームのご紹介

タカラパートナーショップ|タカラ製品取扱店・リフォーム店を探す

カタログ

ショールームのご案内