TOP > お客様サポート > お手入れマニュアル > バス編 > 浴槽、カウンター、排水口

お手入れマニュアル

お手入れマニュアル バス編 浴槽、カウンター、排水口
キッチン編を見るへ
洗面化粧台編を見るへ
トイレ編を見るへ
洗剤の種類を見るへ
浴槽
<日常のお手入れ>
入浴後、シャワーをかけながらスポンジで軽くこすって湯アカを洗い流します。
柔らかい布で乾拭きしておくと水滴の跡が残らず、さらにきれいになります。

<汚れてしまったら>
スポンジに中性洗剤を含ませ軽くこすって汚れを取り、シャワーできれいに洗い流します。
頑固な汚れの正体は…
■浴槽上面部の白い斑点状の汚れ(水アカ)
白くこびりついた斑点状のものは水中のマグネシウムやカルシウム分が水分の乾燥で石のように強固に付着したものです。元は水の成分なので安心してご使用頂けますが、長時間放置しないようにしましょう。

■浴槽の内側にうっすらと付いた白くてざらざらする汚れ
この汚れは金属石鹸といって、石鹸や脂肪分が水中に含まれる金属イオンと反応してできたものです。

どちらの汚れも日頃からこまめにお手入れを行えば防げる汚れです。
頑固な汚れになってからは落とすのが大変です。
<特殊な汚れの正体と落し方>
喫水線付近にある青い変色
循環配管や給水給湯管の銅管から水中に溶け出した微量の銅イオンと、石鹸等に含まれる脂肪酸が反応してできたものです。銅管が新しい時に発生することがあります。
中性洗剤でこすっても取れない場合には、食用酢を使って、汚れを取り除いてください。

浴槽の底の茶色いシミ・点
これは水道水に含まれる鉄分や屋外から飛散してきた鉄粉等が付着したもらいサビです。
その部分を湿らせてから、スポンジに歯磨き粉をつけて落とします。
強くこすり続けると、表面が傷つく恐れがあります。
もらいサビを放置しておくと、広がって汚れが落とせなくなったり、ステンレス浴槽の場合には浴槽に穴があく原因にもなりますので、早めのお手入れを心掛けましょう。
ご注意!
洗剤を浴槽に塗布したままで長時間放置しないでください。浴槽が変色する原因になります。
毛布や浴室用の備品(椅子、洗い桶など)を浴槽内で浸け洗いしないでください。浸け洗い用洗剤の影響で浴槽が変色したり、光沢がなくなることがあります。
浴槽の縁にカミソリやヘアピン等の金属製の物を放置しないでください。もらいサビの原因になります。
浴槽水浄化剤(風呂水清浄剤)を使用しないでください。浴槽が変色したり、排水栓が劣化・腐食する場合があります。
カウンター
<日常のお手入れ>
入浴後、シャワーをかけながらスポンジで軽くこすって湯アカを洗い流します。
柔らかい布で乾拭きしておくと水滴の跡が残らず、さらにきれいになります。

<汚れてしまったら>
スポンジに中性洗剤を含ませ軽くこすって汚れを取り、シャワーできれいに洗い流します。

<頑固な汚れは>
中性洗剤でも落ちない頑固な汚れの場合には、クリームクレンザーを柔らかい布につけ、汚れを落としてください。汚れが落ちにくい場合は少し固めの布を使用してください。
強くこすらずに、お湯で濡らしては数回こするといった作業を繰り返します。
強くこすり続けると、表面が傷つく恐れがあります。
頑固な汚れの正体は…
■カウンター上面部の白い斑点状の汚れ(水アカ)
白くこびりついた斑点状のものは水中のマグネシウムやカルシウム分が水分の乾燥で石のように強固に付着したものです。元は水の成分なので安心してご使用頂けますが、長時間放置しないようにしましょう。

■うっすらと付いた白くてざらざらする汚れ
この汚れは金属石鹸といって、石鹸や脂肪分が水中に含まれる金属イオンと反応してできたものです。

どちらの汚れも日頃からこまめにお手入れを行えば防げる汚れです。頑固な汚れになってからは落とすのが大変です。
ご注意!
マニキュア落し等の溶剤やアルコールが含まれている化粧容器等を放置しないでください。容器に付着した液でカウンター表面が変質する原因になります。
カウンターの上にカミソリやヘアピン等の金属製の物を放置しないでください。もらいサビの原因になります。
排水口
<日常のお手入れ>
入浴後排水口に溜まった髪の毛やゴミを取り除きます。
長期間放置しておくと流れが悪くなったり、汚れが付着して悪臭の原因になりますので注意しましょう。

<汚れてしまったら>
ヘアキャッチャー・防臭パイプ・防臭オワンを取り外し、中性洗剤と歯ブラシ等を使用してぬめりなどを落とします。

<防臭パイプのはずし方>
ヘアキャッチャーを反時計回りに少し回し、上にはずしてください。防臭パイプの切り欠き部分が、フランジの凹凸部分に合うまで防臭パイプを反時計回りに回し、上にはずしてください。
ご注意!
塩素系のぬめり取りを排水口周りのステンレス部分に付着させないでください。サビが発生する原因になります。
シンナー等の溶剤を排水口に流さないでください。樹脂製のトラップが破損して水漏れの原因になります。
防臭オワンを外したままにしないでください。排水管の悪臭がしたり、有害ガスが上がってくる原因になります。
ページトップへ ▲
INDEXページへ

カタログ

ショールームのご案内

CMギャラリーCMギャラリー
ホーローの魅力がいっぱいの
最新CMをご紹介。

このページの一番上へ

タカラで叶える! 家事らくリフォームのご紹介

タカラパートナーショップ|タカラ製品取扱店・リフォーム店を探す

カタログ

ショールームのご案内