TOP > お客様サポート > お手入れマニュアル > バス編 > 洗い場、床タイル

お手入れマニュアル

お手入れマニュアル バス編 洗い場、床タイル
キッチン編を見るへ
洗面化粧台編を見るへ
トイレ編を見るへ
洗剤の種類を見るへ
洗い場・床タイル
洗い場は、石鹸やシャンプー・体脂などが残りやすく、浴室内でもっとも汚れやすい部分です。
清掃を怠るとカビや頑固な汚れが発生しやすくなりますので、こまめなお手入れを心掛けましょう。

<日常のお手入れ>
入浴後、熱めのお湯をシャワーで満遍なくかけて石鹸分等を洗い流します。
その後冷水をシャワーでかけて浴室の温度を下げておくと、カビ発生の予防にもなります。
柔らかい布で乾拭きしておくと水滴の跡が残らず、さらにきれいになります。

<汚れてしまったら>
スポンジに中性洗剤を含ませ汚れを取り、シャワーできれいに洗い流します。

<頑固な汚れは>
■タイル(磁器タイル)部分
中性洗剤でも落ちない頑固な汚れの場合には、クリームクレンザーをタイルにつけてタワシや浴室用ブラシでこすって汚れを落とします。
それでも汚れが落ちない場合には不織布研磨剤(一般的にスコッチブライトという商品名が多く使われています)付きのスポンジにクレンザーをつけて汚れをこすり落としてください。

■御影石・ステンレス部分
中性洗剤でも落ちない頑固な汚れの場合には、クリームクレンザーを柔らかい布につけ、汚れを落としてください。(粉状のクレンザーは使用しないでください。)汚れが落ちにくい場合は少し固めの布を使用してください。強くこすらずに、お湯で濡らしては数回こするといった作業を繰り返します。
強くこすり続けると、表面が傷つく恐れがあります。
ご注意!
御影石に付着した石鹸・シャンプー・リンス・洗剤・毛染め剤などを放置しておくと、シミ・汚れの原因になります。付着した場合は速やかに洗い流してください。
カビ取り剤は、塗布し長時間放置すると変色などの原因になりますので、カビ取り剤の使用方法に従い使用し、速やかに水洗いしてください。
浴室用以外の漂白剤(キッチン用、トイレ用)は使用しないでください。
御影石フロアのお手入れには、スポンジ・樹脂ブラシを使用してください。金属ブラシやタワシ、不織布研磨材(一般的にスコッチブライトという商品名が多く使われています)は使用しないでください。


<目地部分>
目地に生えたカビは長期間放置しておくと、深く根を張って取れなくなりますので、生えたらすぐに清掃するように心掛けましょう。

中性洗剤で落とせない場合には、カビ取り剤をブラシ等でカビの上にこすりつけ、5~10分位放置した後にこすって取り除きます。この時、カビ取り剤を塗布した部分に食品用ラップをかぶせておくと、乾いたり流れ落ちたりしないので効果が高くなります。
(カビ取り剤を使用される時にはゴム手袋を着用し、窓を開けたり換気扇を回すなど、換気を良くしてから清掃を行ってください。)
清掃後は十分な水でカビ取り剤を洗い流し、水分を拭き取ります。
頑固な汚れの正体は…
■白くてざらざらする汚れ
この汚れは金属石鹸といって、石鹸や脂肪分が水中に含まれる金属イオンと反応してできたものです。


■タイル表面の黒ずんだ汚れ
タイル表面に付いた汚れにカビが発生したものです。

どちらの汚れも日頃からこまめにお手入れを行えば防げる汚れです。
頑固な汚れになってからは落とすのが大変です。
ページトップへ ▲
INDEXページへ

カタログ

ショールームのご案内

CMギャラリーCMギャラリー
ホーローの魅力がいっぱいの
最新CMをご紹介。

このページの一番上へ

タカラで叶える! 家事らくリフォームのご紹介

タカラパートナーショップ|タカラ製品取扱店・リフォーム店を探す

カタログ

ショールームのご案内