TOP > お客様サポート > お手入れマニュアル > バス編 > 壁パネル・ミラー

お手入れマニュアル

お手入れマニュアル バス編 壁パネル・ミラー
キッチン編を見るへ
洗面化粧台編を見るへ
トイレ編を見るへ
洗剤の種類を見るへ
壁パネル
<日常のお手入れ>
入浴後、熱めのお湯をシャワーで満遍なくかけて石鹸分等を洗い流します。
その後冷水をシャワーでかけて浴室の温度を下げておくと、カビ発生の予防にもなります。
柔らかい布で乾拭きしておくと水滴の跡が残らず、さらにきれいになります。

<汚れてしまったら>
スポンジに中性洗剤を含ませ汚れを取り、シャワーできれいに洗い流します。
頑固な汚れは
■パネル部分
中性洗剤でも落ちない頑固な汚れの場合には、クリームクレンザーを布につけて汚れを落とします。汚れが落ちにくい場合は少し固めの布を使用してください。

■コーキング(目地)部分
目地に生えたカビは長期間放置しておくと、深く根を張って取れなくなりますので生えたらすぐに清掃するようにしてください。 中性洗剤で落とせない場合には、カビ取り剤を布を巻いた歯ブラシ等でカビの上にこすりつけ、5~10分位放置した後にこすって取り除きます。この時、カビ取り剤を塗布した部分に食品用ラップをかぶせておくと、乾いたり流れ落ちたりしないので効果が高くなります。
(カビ取り剤を使用される時にはゴム手袋を着用し、窓を開けたり換気扇を回すなど、換気を良くしてから清掃を行ってください。)
清掃後は十分な水でカビ取り剤を洗い流し、水分を拭き取ります。
ご注意!
壁パネルの目地を強くこすり過ぎないでください。目地切れし、水漏れにつながる恐れがあります。
ミラー
<日常のお手入れ>
入浴後、シャワーをかけながらスポンジで軽くこすって汚れを洗い流します。
柔らかい布で乾拭きしておくと水滴の跡が残らず、さらにきれいになります。

<汚れてしまったら>
スポンジに中性洗剤を含ませ軽くこすって汚れを取り、シャワーできれいに洗い流します。

<頑固な汚れは>
中性洗剤でも落ちない頑固な汚れの場合には、クリームクレンザーをスポンジにつけ、こすって汚れを落としてください。スポンジに食品用ラップ(サランラップ等)を巻付けておくと、研磨剤の粒子がスポンジの中に入り込まないため更に効果的です。

<鏡の曇りが取れない場合>
ガラス用クリーナーで汚れを取った後、乾いた布で拭き取ります。
それでも曇りが取れないようであれば、自動車用の油膜取りを使用し汚れを取った後、十分に水洗いして乾いた布で拭き取ってください。
ご注意!
鏡をお手入れする際に鏡の裏面に洗剤が入らないように注意してください。
洗剤の成分が鏡の裏面を腐食させ『しけ』の原因になります。
洗剤が入った場合にはシャワーで鏡の裏面を十分水洗いしてください。
鏡の『しけ』って何?
鏡の裏面の銀鏡膜を保護している塗膜が、洗剤等で侵されて銀鏡膜が剥がれる状態をいいます。
銀鏡膜が剥がれるとその部分が黒くなり、鏡の奥が汚れたように見えてしまいます。
クリアミラー(曇り止めコーティング仕様)
クリアミラーは鏡表面に保水効果を持つ特殊機能膜をコーティングしたもので、お湯または水をかけるだけで鏡表面に水の膜を形成して曇りの発生を防ぎます。このため、鏡の表面に汚れが付着したまま放置したり、正しいお手入れをしなかったりすると、曇り止め効果が減少しますのでこまめにお手入れしてください。

<日常のお手入れ>
入浴後、シャワーをかけながらスポンジで軽くこすって汚れを洗い流します。

<鏡の曇りが取れない場合>
水を弾くようになったら、中性洗剤をクッキングペーパーもしくは柔らかいスポンジにつけて洗い、洗
剤を十分洗い流してください。
ご注意!
シャンプー・リンス・手アカなどの汚れを放置すると、汚れが固着し曇り止め効果が復元しなくなることがあります。
ナイロンタワシなどの硬い物や研磨剤入りの洗剤を使用しないでください。特殊機能膜が損傷し、性能低下の原因となります。
ページトップへ ▲
INDEXページへ

カタログ

ショールームのご案内

CMギャラリーCMギャラリー
ホーローの魅力がいっぱいの
最新CMをご紹介。

このページの一番上へ

タカラで叶える! 家事らくリフォームのご紹介

タカラパートナーショップ|タカラ製品取扱店・リフォーム店を探す

カタログ

ショールームのご案内