TOP > お客様サポート > お手入れマニュアル > キッチン編 > コンロ、IHヒーター

お手入れマニュアル

お手入れマニュアル キッチン編 コンロ、IHヒーター
洗面化粧台編を見る
バス編を見る
トイレ編を見る
洗剤の種類をみる
ガスコンロ
コンロ周辺は、油はねや煮こぼれ・焦げ付きなどガンコな汚れがいっぱいです。使用後すぐのお手入れを心掛けましょう。
ご注意
お手入れの際は、必ず厚手のゴム手袋を着用してください。
お手入れを始める前に必ずガスの元栓を締め、コンロが冷めていることを確認してください。
また、取り外す部品は向きや位置が決まっていますので、外す前に確認しておいてください。
特にバーナーキャップは取り付ける位置を間違えると、点火不良や異常燃焼の原因となりますのでご注意願います。
乾電池の交換時期について
乾電池の交換時期が近づいた場合、温度センサー付きバーナーを押すと電池交換サインが作動しますので、交換してください。点火時に火花が飛ぶときの「パチパチ」音がしなくなった場合も、電池が消耗していますので交換してください。
<機器の表面、ごとく、トッププレート>
■日常のお手入れ
使用後に乾いた布でよくふきます。汚れのひどいときは中性洗剤でふいた後、乾いた布で水気を十分ふき取ってください。
■落ちにくい汚れは
落ちにくい汚れは、浸け置き洗いをします。
1. 40℃くらいのお湯に浸け置き洗い用洗剤を溶かします。
2. 汚れがひどい面を下にして30分~1時間ほど放置します。
3. 汚れが浮き上がったら、スポンジや歯ブラシでこすり、汚れを落とします。
4. 最後によく水洗いし、完全に乾燥させてからコンロにセットします。
ご注意
表面にキズがつくことがありますので、金属タワシやクレンザーなどは使用しないでください。中性洗剤以外の洗剤を使用しますと、機器の塗装がはがれることがありますので、使用しないでください。
<バーナーキャップの掃除の仕方>
炎が不揃いになったら、バーナーキャップが目詰まりを起こしている恐れがあります。バーナーキャップの裏面の溝や穴を、ブラシやキリ状のもの(クギなど)で掃除し目詰まりを取り除いてください。 バーナーキャップを水洗いした場合は、必ず水分をふき取ってからセットし、正常に燃焼することを確認してください。
<グリル皿掃除の仕方>
油脂や食品くずがたまらないように、ご使用ごとに掃除してください。汚れのひどいときは中性洗剤で洗い流した後、乾いた布で水気を十分にふき取ってください。
 
IHヒーター、その他電気ヒーター
ご注意
使用後直後はトッププレートが熱くなっています。電源を切り、冷めたことを確認してからお手入れしてください。
<トッププレートの掃除の仕方>
■軽い汚れは
水に浸した布をよく絞って汚れをふき取ります。ラジエントヒーターは冷えてからふき取ってください。
■油汚れは
薄めた台所用中性洗剤を布にしみ込ませてていねいにふき取ります。最後に必ず水拭きをしてください。酸性・アルカリ性の強い洗剤(漂白剤・住宅用合成洗剤など)は使わないでください。トッププレート・トップフレームの変色の原因になります。
■落ちにくい汚れは
クリームタイプのクレンザーを付け、丸めたラップでこすり取ります。放置すると汚れが取れなくなりますので、早めのお手入れを心掛けてください。
<ロースター>
■掃除の仕方
ロースター扉、受け皿、ロースター網は、庫内からはずして、中性洗剤をつけたスポンジで汚れを落とします。庫内は柔らかい布で水拭きします。 タワシ、クレンザー、食器洗い乾燥機は使わないでください。表面を傷める恐れがあります。
■脱臭の仕方
ロースター庫内の油汚れを乾燥させ、ニオイを軽減するため、10分程空焼きを行ってください。
※詳しくは機器本体の取扱説明書をご覧ください。
ページトップへ ▲
INDEXページへ

カタログ

ショールームのご案内

CMギャラリーCMギャラリー
ホーローの魅力がいっぱいの
最新CMをご紹介。

このページの一番上へ

タカラで叶える! 家事らくリフォームのご紹介

タカラパートナーショップ|タカラ製品取扱店・リフォーム店を探す

カタログ

ショールームのご案内