TOP > お客様サポート > お手入れマニュアル > トイレ編 > 便器、タンク

お手入れマニュアル

お手入れマニュアル トイレ編 便器、タンク
キッチン編を見る
洗面化粧台編を見る
バス編を見る
洗剤の種類をみる
便器
トイレはお手入れ次第でいつまでも美しさを保ち、長持ちさせることができます。日頃からこまめにお手入れをしましょう。また、お手入れの際には十分に換気してください。
<日常のお手入れ>
トイレ用の樹脂製ブラシで便器の内側をこすってください。時間がたった汚れはなかなか取れにくくなります。汚れたらなるべくすぐにブラシで洗い流すことを心掛けてください。
 
<汚れてしまったら>
軽い汚れは
樹脂製のブラシやスポンジに中性洗剤を含ませ、水またはぬるま湯で洗ってください。見えない場所でもニオイなどの原因になります。フチの形状が、イラスト1、2の場合は、毛先の細いブラシ等でこすってください。
 
落ちにくい汚れは
汚れが付着している部分に中性洗剤をかけ、しばらく放置し、ブラシでこすり落してください。仕上げは、よく湿らせた布で洗剤成分を残さず拭き取ってください。
 
<日常のお手入れ>
トイレ用の樹脂製ブラシで便器の内側をこすってください。時間がたった汚れはなかなか取れにくくなります。汚れたらなるべくすぐにブラシで洗い流すことを心掛けてください。
 
<小便器のお手入れ>
小便器には、特有の頑固な汚れが付着します。使用後は、必ず水を流すことで、付着を軽減できます。また、着脱トラップ(図1)をはずして、着脱トラップと溜水部をトイレ用の樹脂製ブラシで洗うことを心掛けてください。
 
ご注意!
水をご使用になる際は、電源プラグや便座等に水をかけないでください。感電や故障の原因となります。
便器に熱湯を注がないでください。ひび割れ等の原因となります。
ガラス質を侵すフッ素化合物入りの洗剤は使用しないでください。
耐水ペーパーや研磨剤の入った洗剤などは便器表面を傷つけますので、使用しないでください。
 
<日常のお手入れ>
よく絞った柔らかい布で拭き取ってください。とくにタンクの上はホコリが溜まりやすい為、日頃からお手入れをしましょう。
 
<落ちにくい汚れは>
柔らかい布に、100倍程度に薄めた中性洗剤を染み込ませ、固く絞り、拭き取ってください。その後、よく絞った布で水拭きし、洗剤成分を拭き取ってください。
 
ご注意!
水をご使用になる際は、電源プラグや便座等に水をかけないでください。感電や故障の原因となります。
表面を傷つける恐れのあるクレンザー、磨き粉、金属たわし、ナイロンたわし、ブラシは使用しないでください。
割れの原因となる中性洗剤以外の洗剤、シンナー、ベンジン等の溶剤、酸、アルカリ、熱湯等は使用しないでください。
 
<止水栓・浄水弁のお手入れ>
メッキ部は放っておくとサビなどが生じます。柔らかい布でほこりを拭き取り、時にはミシン油などを染み込ませた布で磨いてください。
 
ご注意!
表面を傷つける恐れのあるクレンザー、磨き粉、金属たわし、ナイロンたわし、ブラシは使用しないでください。
メッキを侵す恐れのある酸性洗剤、塩素系漂白剤、シンナー、ベンジン等の溶剤は使用しないでください。
 
INDEXページへ

カタログ

ショールームのご案内

CMギャラリーCMギャラリー
ホーローの魅力がいっぱいの
最新CMをご紹介。

このページの一番上へ

タカラで叶える! 家事らくリフォームのご紹介

タカラパートナーショップ|タカラ製品取扱店・リフォーム店を探す

カタログ

ショールームのご案内