TOP > お客様サポート > お手入れマニュアル > トイレ編 > 温水洗浄便座、普通便座

お手入れマニュアル

お手入れマニュアル トイレ編 温水洗浄便座、普通便座
キッチン編を見る
洗面化粧台編を見る
バス編を見る
洗剤の種類をみる
温水洗浄便座
便座にはお掃除機能がついているものがあります。取扱説明書をよく読んで、効率の良いお掃除をしましょう。
<日常のお手入れ>
まず、電源プラグをコンセントから抜いてください。よく絞った柔らかい布で座の表→フタの表裏→座の裏の順に拭いてください。
 
<汚れてしまったら>
100倍程度に薄めた中性洗剤を柔らかい布に染み込ませてよく絞り、座の表→フタの表裏→座の裏の順に汚れを拭き取ってください。その後、よく絞った布で水拭きし、洗剤成分を拭き取ってください。また、便フタが着脱式のものであれば、取り外してさらに細かい部分までお掃除できます。(→詳しくは取扱説明書をご覧ください。)軸周りは綿棒を使うと細かい部分までお掃除できます。
 
ご注意!
水をご使用になる際は、電源プラグや便座本体に水をかけないでください。感電や故障の原因となります。
乾いた布で拭くと、静電気でゴミを吸い取ってしまいます。
表面を傷つける恐れのあるクレンザー、磨き粉、金属たわし、ナイロンたわし、ブラシ、トイレお掃除用ティッシュは使用しないでください。また、乾いた布やトイレットペーパーも傷の原因となります。
割れの原因となる中性洗剤以外の酸性やアルカリ性のトイレ用洗剤、シンナー、ベンジン等の溶剤、酸、アルカリ、熱湯等は使用しないでください。
掃除後は、電源プラグをコンセントに接続してください。
各部の取り外し方は、機種により異なります。詳しくは機器本体の取扱説明書をご覧ください。
 
<便座と便器のすき間>
便座着脱機能付のタイプは、便座サイドにある、便座着脱ボタンを押しながら便座本体を手前に引いて外します。(→詳しくは取扱説明書をご覧ください。)よく絞った柔らかい布で黄ばんだ汚れを拭き取ってください。掃除後、便座本体の中心とプレートの中心を合わせて、スライドさせながらカチッと音がするまで押し込んでください。
 
ご注意!
便座を外す際は、上に持ち上げないでください。破損の原因となります。
 
<ノズル部のお掃除をする場合>
ノズル掃除モード付のタイプは、取扱説明書のとおりにノズルを出してください。便フタ、便座を開け、ゴム手袋を装着してください。柔らかいスポンジやブラシ、布などに水を含ませて、ノズルを軽く拭いてください。最後はノズルを収納し、便フタ、便座を閉めてください。
 
ご注意!
ノズルはひねったり、無理な力を与えないでください。破損の原因となります。
ノズルの穴を傷つけますと、つまりなどの原因となります。
 
<脱臭カセットのお手入れ>
便座の取扱説明書に従い、脱臭カセットを取り外してください。脱臭フィルターのホコリを掃除機などで取り除いてください。取り外しと同様に取扱説明書に従い、脱臭カセットを取り付けてください。
 
ご注意!
脱臭フィルターには、洗剤や水をかけないでください。万一洗剤がかかった場合は、すぐに換気をしてください。
脱臭カセットの挿入口に脱臭カセット以外のもの(指など)を入れないでください。脱臭ファンでケガをする危険があります。
脱臭フィルターの格子部分が触れると黒く汚れることがあります。
 
普通便座
<日常のお手入れ>
便座、便フタ、ヒンジが汚れた場合は、柔らかい布を固く絞ってから水拭きしてください。
 
<落ちにくい汚れは>
食器用中性洗剤を100倍程度に薄めた液に布を付け、固く絞ってから拭いてください。汚れが取れたら、よく絞った布で水拭きをして、洗剤成分を拭き取ってください。便座を外して、便器上面やヒンジ部を掃除することができます。(→詳しくは取扱説明書をご覧ください。)
 
ご注意!
表面を傷つける恐れのあるクレンザー、磨き粉、金属たわし、ナイロンたわし、ブラシ、トイレお掃除用ティッシュは使用しないでください。また、乾いた布やトイレットペーパーも傷の原因となります。
割れや変形の原因となる中性洗剤以外の洗剤、シンナー、ベンジン等の溶剤、酸、アルカリ、熱湯等は使用しないでください。
 
INDEXページへ

カタログ

ショールームのご案内

CMギャラリーCMギャラリー
ホーローの魅力がいっぱいの
最新CMをご紹介。

このページの一番上へ

タカラで叶える! 家事らくリフォームのご紹介

タカラパートナーショップ|タカラ製品取扱店・リフォーム店を探す

カタログ

ショールームのご案内