TOP > タカラのリフォーム > キッチンリフォームのススメ > キッチンリフォーム基礎知識

Takara standardのキッチンリフォームのススメ

  • こんな不満・あんな不満 タカラが解決! なっとくリフォーム
  • 知っとく、納得! キッチンリフォーム基礎知識
  • 家族の夢をカタチに キッチンリフォーム実例
  • タカラのキッチンリフォーム対応商品
  • TOPに戻る

知っとく、納得!キッチンリフォーム基礎知識

より快適なキッチンにするためにリフォームの基礎知識とポイントをお教えします!

キッチンリフォームをする前に知っておきたい
基礎知識と主婦目線でココは押さえておきたい
リフォームのポイントをお教えします!

これだけは押さえたい!キッチンリフォームの基礎知識

キッチンリフォームをする前に、知っておきたい情報を学びましょう!
ちょっと知っておくだけで、リフォーム後の夢が広がります。

1.キッチンのスタイルを選ぶ

キッチンのリフォームはダイニングとの関係性が重要です。家族との関わり方を重視するならオープンタイプ。
人の目からキッチンを隠したい場合はクローズドタイプなど、ライフスタイルや「どのように集い、作り、食べたいか」を考えることが重要です。

クローズドタイプ

  • キッチンが1室として独立したタイプ。
  • 良いところ!
  • ダイニングなど他の部屋から見えない。
    調理の煙や匂いなども広がりにくく、料理に集中できる。
  • 気になるところ
  • 閉塞感がある。
    調理中にコミュニケーションが図りにくい。

セミオープンタイプ

  • オープンタイプのキッチンをカウンターで仕切ったレイアウト。
  • 良いところ!
  • 対面タイプだと、調理中もダイニング側とコミュニケーションを図りやすい。
  • 気になるところ
  • 調理の煙や匂いなどが、ダイニングなどに広がりやすい。

オープンタイプ

  • 壁付けのキッチンでダイニング、リビングと一体化したレイアウト。
  • 良いところ!
  • 調理中もコミュニケーションを図りやすい。
    配膳・片付けもしやすい。
  • 気になるところ
  • 調理の煙や匂いなどが広がりやすい。常にキッチンが見えるので、キレイにする必要がある。

ページの先頭に戻る

2.キッチンのレイアウトを考える

キッチンのレイアウトには様々なレイアウトがありますが、レイアウトを決める時に考えたいのが、調理・後片付けの導線です。食材のストックをする場や調理から配膳、片付けまでのスムーズな導線だけでなく必要なスペースも考えつつ、レイアウトを決めましょう。

壁付け型

I型

もっともスタンダードなレイアウト。キッチンの幅を広くしすぎると、平行移動が増え大変です。
狭いキッチンにオススメ。

L型

作業スペースも広くとれます。コーナー部分がデッドスペースにならないように配慮が必要です。

II型

シンクとコンロが分離された並列型のレイアウト。カウンター上に広い作業スペースが欲しい場合にオススメです。

U型

作業スペースを広くとれ、収納も確保できます。三方を囲むのでクローズドキッチンに向いています。

対面型

フラット対面型

ダイニング側とフラットにつながる開放感あふれるレイアウト。I型と同じレイアウトですが、料理しながら家族とのコミュニケーションが図れます。

シンクアイランド型

一部を独立させたレイアウト。広いスペースを必要としますが、家族や友人との料理が楽しめます。

ページの先頭に戻る

3.戸建てとマンションではキッチンリフォームの「自由度」と「工夫」が違います!

戸建ての場合

戸建てのキッチンリフォームは、比較的自由にリフォームすることが可能です。
レイアウトを変更したい場合は、電気・ガス・水道などの関連工事が必要な場合もありますので、工法上可能かどうかの確認が必要となります。
また、リフォームによって作業スペースが小さくなったり、ダイニングスペースや通路部分が狭くなることもありますので、事前によく相談しましょう。

マンションの場合

レイアウトも変更したい

レイアウトを変更したい場合は、電気・ガス・水道などの関連工事が必要な場合もありますので、工法上可能かどうかの確認が必要となります。
また、各戸によって使える電気の容量が決まっています。
もし、IHヒーターの導入すると、その容量を超えてしまう場合もありますので、導入したい場合は管理会社等への相談が必要です。

システムキッチンのみ変更

既存の配管スペースや排気口など、構造上の制約をクリアする必要があります。

様々な工夫で、マンション特有の問題をクリアします マンションリフォーム用システムキッチン「Mタイプ」 製品の詳細はこちら

リフォーム前のキッチン設置例

ページの先頭に戻る

4.キッチンの高さはとても大切!

毎日立つキッチンだからこそ、キッチンの高さは重要です。
キッチンに立つのが楽しくなるのも億劫になるのも自分の体にあった高さのキッチンを使っているかが左右します。

使いやすい天板高さの目安=身長÷2+5cm 例)身長155cmの方なら高さ82cm、165cmの方なら高さ85cm、170cmの方なら高さ90cmがオススメです。

キッチンの高さが身長にあっていると、ラクな姿勢で作業ができます。
※あくまで目安ですので、実際にショールームで実際に高さを確認してください。

82cm・85cm・90cm 3タイプからお選びいただけます。

ページの先頭に戻る

5.部屋とのコーディネイトを考える

キッチンは毎日使う部屋の一部ですから、お部屋の壁や床の色に合わせて、キッチンの扉、レンジフード、キッチンパネルまでトータルでコーディネイト。ご家族や自分の好みに合わせて、素敵なキッチン空間を創りましょう。

気品あるパールの輝きで 上質な空間に。
機能美を追求したデザインで モダンな空間に。
木の質感や優しさで ナチュラルな空間に。

ページの先頭に戻る

このページの一番上へ

タカラで叶える! 家事らくリフォームのご紹介

タカラパートナーショップ|タカラ製品取扱店・リフォーム店を探す

カタログ

ショールームのご案内