TOP > 製品情報 > 給湯器 > エコキュート > エコキュートの上手な使い方ガイド

「エコキュート」で始める、地球に優しい暮らし。

  • カタログ
  • ショールームのご案内
  • エコキュートってなに?
  • 快適・便利な給湯機能
  • 上手な使い方ガイド

エコキュートの上手な使い方ガイド

エコキュートをより省エネで経済的にご使用いただくためのポイントを紹介します。

上手にお湯を沸かして使うポイント

上手にお湯を沸かして使うポイント

エコキュートは、過去のお湯の使用量を学習してお湯を沸かしますが、コントローラの設定により余裕分を多めに沸かすことも少なめに沸かすこともできます。ご家庭の使用状況にあわせて、必要な量だけお湯を沸かし、上手に使い切ることが省エネのポイントです。具体的には下記を参考にご使用ください。

Point1

コントローラの湯沸しモードを 『おまかせ 節約』に設定してください。

Point2

お湯が足りなくなりそうな時には、コントローラで『沸増し』を設定して必要な湯量を確保してください。

  • 1時間の沸増しで、約40℃のお湯を約120L(冬)~240L(夏)つくることができます(370Lタイプの場合)。
  • 浴槽への湯はりの目安:約200L/回、シャワーの目安:約10L/分です。
  • 一旦『沸増し』を設定した後でも、お湯の量が間に合う場合は『沸増し』設定を解除してください。

Point3

『おまかせ 節約』で頻繁にお湯が足りなくなった時や、『ふろ自動保温』『追いだき』『たし湯』中に「追いだきできません」が画面に表示されて停止する時には、『おまかせ 標準』など、多くお湯を沸かすモードに設定変更してください。水温が変化することでお湯の使用量が変わりますので、季節により設定を変更して経済的にご使用ください(一般的に冬場はお湯の使用量が多くなります)。

Point4

旅行などで短期間不在になる時は『湯沸し停止日数』で湯沸しの休止を設定してください。

上手に付加機能を使うポイント

上手にお湯を沸かして使うポイント

エコキュートには多くの付加機能があります。上手に使うことが省エネのポイントです。具体的には下記を参考にご使用ください。

Point1

浴槽のお湯を温め直す時には、『ふろ自動保温』や『追いだき』よりも『高温たし湯』の方が経済的です。コントローラで『その他機能/保温時間』を「保温なし」に設定し、『高温たし湯』をお使いください。高温たし湯は、コントローラの『たし湯』ボタンを押し選択することでご使用になれます。

Point2

おふろは、前日の残り湯を沸かし直すより、お湯を入れ直した方が経済的です。

※『おまかせ 節約』『おまかせ 標準』設定でのお知らせ
・お湯の使用量が少ないと夜間の湯沸し量を減らします。その場合、夜間湯沸し終了時の残湯量が全部表示されていないことがありますが、故障ではありません。
・使い始めの約1週間は、お湯の使用量が学習できていませんので、お湯の使用量が少なくても夜間全量湯沸しし、自動で沸増しを行う場合があります。

このページの一番上へ

タカラで叶える! 家事らくリフォームのご紹介

タカラパートナーショップ|タカラ製品取扱店・リフォーム店を探す

カタログ

ショールームのご案内