先輩社員紹介

代理店営業 : 城倉勇三 「リフォーム市場の担い手として、販売店・工務店を協力サポート!」

私の売り上げの基盤となる「リフォーム市場」は2020年に市場規模が7.3兆円にまで拡大すると言われている成長市場です。しかしその反面、弊社のような住宅設備機器メーカーも得意先である代理店・販売店・工務店も熾烈な競争にさらされています。
この様なリフォーム市場において、仕事上のパートナーである代理店・販売店・工務店の皆様と一緒にリフォーム需要の開拓を進めていくことは私の役割であり、使命だと感じています。
リフォーム市場で売り上げを伸ばすために、①得意先に向けた商品研修会、②業界NO.1の当社ショールームを活用したユーザー様対象の展示会、③当社の商品をより詳しく知ってもらう為の工場研修、以上の3点に重点を置いて営業活動に取り組んでいます。 得意先と共に汗を流して獲得したリフォーム現場では当社製品を採用して下さることはもちろん、周囲に当社製品を薦めてもらうことにも繋がります。 タカラ×代理店×販売店が三位一体となり、売り上げを伸ばすための協力体制を作る事が私の最大のテーマです。

この仕事には、やりがいがあります!

「小澤君が担当してからタカラの商品が好きになったよ。」 この言葉は、今までの仕事経験の中で一番心に残った言葉であり、「一生懸命仕事を行えば、相手に気持ちが伝わる」ということを確信した瞬間でもあります。 はじめは、この言葉を掛けて下さった取引先にお伺いしたところ、他社の商品を扱っていたことから話を聞いてもらえないどころか、挨拶も会釈程度にしかして頂けませんでした。この状況を少しでも変えたい!と思い、その後毎日、取引先を訪問してひたすら商品提案をさせていただきました。
訪問を重ねるごとに挨拶をいただくようになり、少しずつ話しを聞いて下さるようになりました。少しずつですが取引先の方が心を開いて下さるのが実感できました。そのような努力が結果として注文に結びつき、先程の最高の褒め言葉に繋がりました。お客様にこのような言葉をもらう事が営業職の醍醐味であり、私の働くモチベーションになっています。

私の働く土地自慢

岡山県は「晴れの国」と言われ、気候にも恵まれた「住み良い町」であります。その中でも私の住む岡山県倉敷市は江戸時代より天領として栄えた商人の街です。美観地区は今も昔ながらの白壁の商人蔵が残り、情緒豊かな風景が季節ごとに表情を変えてくれます。市内中心部は近代的な都会の風景でありながら、中心地から離れれば山あり海ありの全てが揃った稀有な街でもあります。
食べ物でも、海で言えば「蛸」、山で言えば幻の名牛と言われる「千屋牛」が有名です。ぜひ一度、観光にいらっしゃってはどうでしょう。

オフはすっきり、リフレッシュ!

ジムでの運動やゴルフ、取引先と作ったソフトボールチームでの活動など、休日は常に体を動かすよう心掛けています。せっかちな性格という事もあり(笑)、休日でも家でゴロゴロする事は少ないです。
スポーツをして汗をかくことが良い気分転換になるため、心身共にリフレッシュして次の日の仕事に向けて活力を充電しています。

タカラスタンダードの社風って?

猪突猛進!!
目標に向かって常に前へ進み続ける姿勢が社内全体に浸透していると思います。

そんな私の一日

07:00 朝起きたら眠気覚ましに携帯でニュースをチェック。 08:30出社。まずはメールチェックと得意先へのアポイントを取る。 09:00 外回り開始。昨日見積依頼を頂いた得意先へ見積書を持参。 見積書の内容とショールームの活用をPR。 12:00 昼食。昼食を終えた後は次のアポイント時間まで車中で見積りの作成。 13:00 得意先様と同行にてユーザー様の御自宅へ。 現場調査と商品提案を行う。⇒受注獲得を! 17:00 新規開拓のターゲットにしている得意先へ訪問。 タカラ独自商品や新商品提案。この時間は得意先も仕事が ひと段落してくる時間なのでじっくり会話をすることが出来る。 19:001日で獲得出来た見積や情報整理。明日の提案資料作成。 21:00 余力がある日は先輩とゴルフの練習場に行き、軽く汗を流す。

リフォーム市場において売れる仕組みを作っていく!
職種代理店営業
小澤 達也
岡山支店 倉敷営業所
2010年入社 / 経営学部 経営学科卒