先輩社員紹介


九州直需支店設計センター主任 : 永野 博信「お客様の目線に立ち、商品を美しく、使いやすく設計する」

新築マンション向けのシステムキッチン、洗面化粧台などの商品が、水回りスペースにきちんと納まる様、商品の仕様や寸法などを対象物件のゼネコン担当者と打合せ確認作業を行い、商品を手配するまでの仕事を行っています。弊社はメーカーですので、商品をきちんとお客様にお届けする事が義務ですが、私はそれと共に、商品を美しく、またお客様にとって使い易いように設計する事をモットーに仕事を行っています。
建設現場において商品を美しく納める。この事は、実は非常に難易度の高い課題です。というのもマンションは人間が手作業で建造していくものなので、建物の寸法が微妙にずれる事もあります。寸法の精度が1cm違うだけでも、商品の見栄えは悪くなります。そういった事を未然に防ぐ為にも、打合せ段階から図面を通して起こりうる問題を見抜く必要があります。また、使い勝手の良いキッチンにする為にも、お客様の目線に立ち、実際行われる動作、動線なども深く考慮しながら設計する事も心がけています。
私は、常にキッチンメーカーの設計として、プロ意識をもち仕事に励んでいます。

この仕事には、やりがいがあります!

機能、デザイン、コスト面を考慮しながら、営業マンと共にお客様の要望に沿った商品を考えて、物件の受注に繋げるところにやりがい感じています。実際に、ある賃貸マンションでは、私と営業マンでタッグを組み、一から商品を設計しました。お陰様で、商品を採用して頂き、更にその後の継続受注にも繋がりました。また、私が設計した商品がお客様の生活の一部となって使われ続けていると思うと、設計冥利につきます。

こんな成功談、あんな失敗談

設計の打合せ業務は、商品の仕様、寸法を打ち合せるだけではありません。キッチンを取付ける際には、大工・設備(ガス・水道・電気)など様々な業者の方との関わりがあります。蛇口から水が出てくる、ガスコンロに火がつく、レンジフードで換気する。これらの事は、当たり前の様に日常生活で出来ていますが、その背景には一つ一つ打合せを行って出来ている事なのです。若手の頃は、打合せ内容の不備からキッチン取付後に水栓が設置出来ない、レンジフードが排気出来ない等の問題が発生し、マンションを建設しているゼネコンをはじめ、その他の業者の方々にご迷惑をお掛けし、現場工程を遅らせてしまった苦い経験もあります。そういった経験から設計という仕事は、仕様、寸法を打ち合せるだけではなく、設備的な観点も考慮する等、広い視野に立って考える必要があると考えさせられ、現在の良い教訓になっております。

技術者の夢

私の夢は、ちょっと恥ずかしいのですが(!?)、世界をまたにかけて仕事をする事です。未来の事は分かりませんが、国内・海外の最先端の居住建築物のプロジェクトにかかわり、少しでも、人々のよりよい住環境生活・社会に貢献する事が出来たらと思います。

オフはすっきり、リフレッシュ!

基本的にはアウトドア派ですので、休日は外に出かけて体を動かす事でストレス発散しています。趣味は、学生から続けているアイスホッケーや、スノーボード、釣りなど…。 社員同士でイベントを行う事も多く、夏はラフティングをかねてキャンプに行ったり、冬はスキーやスノーボードに行ったりと、季節を問わず楽しく過ごしています。オフの時は、仕事の事を一切忘れて過ごす事が大事ですね!

タカラスタンダードの社風って?

仕事と共に、自分自身が人として成長できていると実感できる社風です。

お客様の目線に立ち、商品を美しく、使いやすく設計する。
職種設計
永野 博信
九州直需支店設計センター 主任
2004年入社 / 理工学部 都市工学科卒