先輩社員紹介

システムエンジニア : 柳瀬鋭一 「製品の優位性とショールームの活用で受注に」

情報システム部では、営業所・工場などで使用する様々なシステムの開発を行なっていますが、その中でも、人事・経理関連のシステムの改善に取り組んでいます。システムの分野は情報や技術の移り変わりが激しく、常に時代の変化に合わせて、新しい技術を取り入れていく必要があります。
特に現在、経理関連のシステムは初期の導入から時間が経過してきているため、社会の流れや現在の仕事に合った新しいシステムを構築することが必要となってきています。そのため、現状の課題を洗い出した上で、今後どのような機能が必要となってくるのか、打合せを重ねながら仕様の検討を行なっています。
また、人事・経理関連のシステムでは、法律の改正などによる社会の動きに合わせてシステムも変更していく必要があります。システム以外の動きにも常に神経を尖らせる必要がありますが、仕事をしながら法律や経理の知識が身に付いていくので、そこを利点に感じながら取り組んでいます。

この仕事には、やりがいがあります!

現地のニーズに合ったシステムを構築することで、会社に利益をもたらすことができます。利益をもたらすと言っても、営業職のようにモノを販売して売上を積み上げる訳ではないですが、時間や手間のかかっている従業員の仕事を改善することが、結果的に経費削減や効率化に繋がります。自分がした仕事が会社にとって利益になる点にやりがいを感じています。

こんな成功談、あんな失敗談

新しいシステムを導入するため、現地に出向いてヒアリングを行なったり、打合せを繰り返して一生懸命に開発をしていますが、実際に出来上がったものを現地の人に見せる時、「イメージが異なっていて使えない」などとお叱りを受けたことがあります。
入念に打ち合わせをしていても、想定外のところで認識がずれていれば台無しになってしまう可能性もあるので、できるだけ綿密に使用者に確認をしてもらうよう気をつけています。

技術者の夢

現在の情報システム部では、システムの全体的な作り変えの時期にあり、大規模な刷新に取り組んでいます。これまで使ってきたシステムでは実現できなかった課題がありましたが、その分、会社がまだまだ伸びる余地が残されているということ。この機会に現状の課題を改善し、使用者のニーズに応えることで、効率的な働きやすい職場を作っていきたいです。

オフはすっきり、リフレッシュ!

会社のバスケットボール部に所属し、活動しています。部署の垣根をこえて、先輩・後輩と一緒になって汗を流しています。たまにテニスなどもしますが、普段は体を動かす機会が少ないので、みんな積極的に参加しています。

タカラスタンダードの社風って?

「堅実」。会社がよくなることやその方針に向けて、社員が一致団結して取り組む点です。

社会や法律の動向をつぶさに見つめ、人事・経理関連システムを改善。
職種システムエンジニア
柳瀬 鋭一
情報システム部 主任
2005年入社 / 総合科学部 数理・情報学科 卒