先輩社員紹介

特販課は新築がメインですが、リフォームにも力を入れています。新築着工数は緩やかに減少しているのに対し、リフォーム市場の規模は年々拡大しており、特販課としても売上を伸ばしていくためには疎かにできない市場です。その中で私は現在、都内の戸建やマンションリフォームを担当しており、シェアアップを課題として営業活動を行っています。
リフォームでは特に清掃性を重視されるお客様(エンドユーザー)が多く、水廻りに最適なホーローは、他社と差別化を図るためには欠かせません。またマンションリフォームに特化した、タカラ独自の商品など、魅力的な商品はたくさんあります。それらの商品をユーザー様に提案するには、得意先と一緒になってPRしていくことが重要となります。それゆえに、まずは得意先に対してプレゼンテーションを行い、商品を知っていただくような活動をしています。
タカラのビジネスは、得意先との協力無しには成り立ちません。実績を積み重ねて、信頼関係を築き上げ、商品を拡販していくことが私のテーマです。

この仕事には、やりがいがあります!

打ち合わせを重ねれば重ねるほど思い入れも強くなり、完成した商品を見ると、仕事のやりがいを感じます。
また、実際に使っていただくお客様が喜んでくださるのはもちろんのこと、一緒に提案をしてくださっている得意先とも喜びを分かち合うことができるので、それらが営業の醍醐味であると同時に、私の活力となっています。

私の働く土地自慢

新宿はJR・地下鉄と路線が多く、アクセスが良いところにあります。また、商業施設もたくさんあるので、仕事が早く終わった日には、ショッピングをするのも楽しみの一つです。

オフはすっきり、リフレッシュ!

休日は大学の友達と、美味しいものを食べに行ったり、旅行に行ったりしてリフレッシュしています。また、社内でも交流が盛んで、年齢関係なしに集まり、バレーボールやピクニックなどを通して親睦を深めています。

タカラスタンダードの社風って?

『アットホーム』
仕事中でも良く笑います。父親のように温かく見守ってくれる上司、また頼れる先輩方が近くにいるので、とても働きやすい職場です。

そんな私の一日

6:00起床 身支度を整え、テレビを見ながら朝食。 8:30出社 メールをチェックし、やらなければならないことを手帳にリストアップ。  9:00内容に優先順位をつけて、作業開始。お腹が空き始めると集中力が途切れるので、その前に一気に見積や提案資料を作成。 12:00昼食 同期や後輩と会社の外でランチ。ガールズトークで楽しい時間もあっという間。 13:00提案資料を持って得意先へ訪問。営業だけでなく、コーディネーターや設計担当ともコミュニケーションをとり、情報収集と提案活動を行う。時間があれば現場に行き、実際に納入したキッチンや洗面を見て勉強。 16:00訪問先で打合せた内容を整理し、上司にホウレンソウを行う。再度、仕事をリストアップしなおし、翌日の予定を立てる。 20:30帰宅 帰宅しすぐにキッチンへ。ユーザー目線を忘れずに。 24:00 就寝 蒸しタオルで目の疲れを取り、翌日に備えて就寝。

都内のリフォーム市場におけるシェアアップについて
職種特販営業
四枝 暁美
東京支社 特販部 特販課
2014年入社 / 経済学部 経営学科卒