新卒採用トップページ 活躍する女性社員

活躍する女性社員

タカラスタンダードでは、各種保険制度はもちろん、産休・育休・時短勤務制度を整備することで、結婚・出産後の女性の就労を支援。産休育休取得者も年々増えており、子育て支援企業として「くるみんマーク」の認定を受けることができました。
そんなタカラスタンダードで働く女性の活躍を、ここではご紹介します。

タカラスタンダードの両立支援制度
  • 産前・産後の
    就業制限
  • 育児休業制度
  • 育児短時間
    勤務制度
  • 育児時間、
    勤務時間内
    通院制度
  • 育児のための
    所定外労働の
    免除
  • 子の看護休暇

女性社員のキャリアアップ紹介

営業本部営業一課
橋本 曜子
経済学部 経済学科
2003年入社

現在の仕事は?

ショールームのアドバイザーを経験し、現在は統括アドバイザーを務めています。統括アドバイザーは売上を上げるために、前線の営業職やショールームアドバイザーを支援するのが主な役割。新製品のコンセプト作りや訴求ポイント等の情報発信を行ったり、売上状況に応じて前線の販促活動をサポートしたりと、人材育成にも積極的に取り組んでいます。
また、前線からはお客様のニーズ、システムやツールへの要望を吸い上げて、新製品の開発や社内環境の整備にも努めています。

印象に残っているエピソードは?

アドバイザー時代、リフォームを検討されているご夫婦のご自宅にお邪魔し、商品提案をさせて頂いたことがありました。
レイアウトの変更についてお悩みだったのですが、お客様のライフスタイルや使い勝手、こだわりなどを大事にしながらプランニング。ご夫婦、業者様共に気に入ってくださりその場でご契約に結びつきました。完成後はご夫婦お揃いで御礼に来て下さいました。
ご家族の思い出が詰まった空間、ご主人の奥様への感謝の想いにも触れ、人生の一幕でご一緒させて頂いたことが嬉しく 、非常に思い出深いエピソードです。

アドバイザーの経験をふまえて

お客様は「住まい」の中心となる水廻り空間にご家族の理想や希望を抱かれているのと同時に、ご新築やリフォームに対して不安や迷いもお持ちです。
アドバイザーはまずはそういったお客様の心境や価値観に親身に寄り添い、一生に一度の買い物に携わるという責任感をもって接客に臨まなければなりません。
統括という立場になった今もアドバイザーの経験を活かして、お客様の立場に立ったショールーム作りとアドバイザーの接客力の向上に努めていきたいです。

女性の活躍とこれから

タカラスタンダードは、女性や若手の感覚・柔軟性を重視しており、活躍の場が多く設けられています。社風なのか、男性社員は頼もしくも優しい方が多く、またキャリアの隔たりなく意見できる雰囲気も働きやすいポイントです。
子育てや家事などの経験が、仕事でのひらめきに繋がることも多いため、男女共にプライベートの充実が仕事にプラスに働くような環境作りにも努めてまいりたいです。

ワークライフバランスについて

開発部開発四課 林 優花

私は2度の産休・育休を経て、現在は主に商品の企画や、マーケティング業務に携わっています。商品を企画するにあたり、特に大事にしているのが顧客分析。様々な調査・分析結果を元に、ユーザー目線での開発を心がけています。
開発部では産休・育休の前例が少なく、不安に思うことが多かったのですが、休業中の業務カバーや復帰後の業務内容など、沢山の話し合いを行い、多くの方の協力を得て実現することができました。時短勤務中も、業務のボリュームや、打ち合わせの時間を配慮していただき、とても感謝しています。
休日はでかけたり、旅行に行くことも多く、家族との時間を目一杯楽しんでいます。
これからは仕事と家事・育児の両立が当たり前の時代になると思いますので、経験者として、女性の活躍を応援しつつ、働く女性の助けになるような商品を開発していきたいです。

東京支社墨田ショールーム 仙波 笑梨

私は入社後、四国支店のショールームに配属され、結婚を機に新宿ショールームへ。現在は子供が小さいので時短勤務を利用し、墨田ショールームで働いています。少しでも営業所の売上に繋がるよう、お客様1人1人に丁寧に接客することを心がけています。
普段から上司、同僚の皆さんは、接客の時間などを考え、私が早く帰れるように配慮してくださいます。職場復帰直後に子供が入院し、3週間欠勤することもありましたが、仕事は心配しなくていいからと、とても温かく協力してくださいました。
また、私自身が身をもって、仕事と子育てを両立する大変さを経験できたからこそ、特にお子様連れのお客様には以前より具体的な提案ができるようになりました。これからもアドバイザーとして成長しつつ、「働くお母さんかっこいい!」といってもらえるように、職場でも家庭でも常に笑顔でいたいと思います。

活躍する女性社員