TOP > トピックス 一覧 > 大阪府住宅供給公社とタカラスタンダードが『女性に優しいダンチ住まい』をテーマにした
新しい団地リノベーションでコラボ!

大阪府住宅供給公社とタカラスタンダードが『女性に優しいダンチ住まい』をテーマにした
新しい団地リノベーションでコラボ!

2015.10. 7

タカラスタンダード株式会社では、大阪府住宅供給公社とコラボし、『女性に優しいダンチ住まい』をテーマにした新しい団地リノベーションに取り組みます。

大阪府住宅供給公社では、昭和40年~50年代に建設された団地のストックを多く抱えており、住宅設備の陳腐化に対応するため、設備全面のリニューアルを行うリノベーション事業の検討をされておりました。リノベーション事業を行うにあたり、一番の問題であった浴室のリニューアルをクリアする上で、当社独自のMR工法で浴室リフォームを可能にした「広ろ美ろ浴室(ひろびろよくしつ)」を評価いただき、当社と共同でリノベーション住宅を検討していただく事となりました。

検討を進める中で、大阪府住宅供給公社より『女性目線・暮らしに優しい設備』をコンセプトに、入居されるお客様の満足度を最大限に向上させたいというご要望をいただき、当社では3つのテーマをもって、キッチン・洗面化粧台・浴室・トイレを提案させていただきました。

 

①デザイン性

公営住宅ではホワイト色が基調のセパレートキッチン(段落ちキッチン)が一般的ですが、今回のリノベーションでは、システムキッチンを提案させていただきました。デザインは、あたたかな印象の木目柄の扉に、きらめくパール模様を施したホーローの七宝レール引手が美しく調和したデザインとなっております。

 

②清掃性

入居されるお客様にいつまでも変わらない美しさを感じていただけるよう、こだわりの独自素材「高品位ホーロー」を提案。「高品位ホーロー」は、丈夫な金属のベースに清潔なガラス質を高温で焼き付けて表面に密着させた水まわりに最適な素材です。汚れや熱、湿気に強く、キズがつきにくいので、清潔さと美しさがずっと続きます。キッチンではキャビネットの底板、加熱機器周囲の壁面、また一番汚れが気になるレンジフードの整流板はすべて高品位ホーロー製。また洗面化粧台のボウルや、カビの発生しやすい浴室の壁面も高品位ホーロー製となっており、水まわりのお手入れがとてもカンタンになります。

 

③エコ仕様

キッチン・洗面化粧台・浴室の水栓は節水タイプを採用しているので経済的。特にキッチン・浴室の水栓は水の使用感が変わらず、吐水量は従来型に比べキッチンでは17%、浴室では15%の節約となっております。トイレについても、流水量を従来型と比べて約58%節約できる節水タイプです。

また浴室の壁、床、天井にはたっぷりの保温材を使用し、まるごと包み込むように浴室全体を保温材で完全防備。お湯が冷めにくいので光熱費を軽減でき、経済的です。



 

タカラスタンダードがご提案した3つのテーマ『デザイン性・清掃性・エコ仕様』が大阪府住宅供給公社のコンセプトである『女性目線・暮らしに優しい設備』にマッチした結果、団地リノベーション事業のコラボが実現しました。



女性に優しい団地リノベーション【L+DRシリーズ】大阪府住宅供給公社ホームページ
http://ldr.danchi-renovation.com

このページの一番上へ

タカラで叶える! 家事ラクリフォームのご紹介

タカラ製品取扱店・リフォーム店を探す

カタログ

ショールームのご案内