TOP > トピックス 一覧 > 九州エリアの新物流拠点が完成 5月より本格稼動

九州エリアの新物流拠点が完成 5月より本格稼動

2017.4.26

倉庫管理システム(WMS)と連携した、自動化・効率化による高回転型倉庫

システムキッチン・バスを中心とした住宅設備機器メーカー・タカラスタンダード株式会社では、当社鞍手工場(福岡県鞍手郡)内に30億円を投じて建設をすすめていた福岡物流センターが完成し、4月6日(木)に竣工式が行われ、5月8日(月)より本格稼動します。

福岡物流センターは、おもに九州エリアにおけるリフォームやマンションの建設現場などへ、一般住宅やマンションなどの集合住宅向け商品の配送を行っています。

このたび完成した新物流センターは、トラックの着車が可能なトラックバースを建物の3面に設置したことで、商品の入出庫作業が同時に行えるようになり、トラックの待機時間削減や作業効率の向上を目指した高回転の物流施設となります。施設全体として、延床面積は従来の2倍となり、十分な保管スペースが確保され、出荷能力・保管能力ともに今後の受注量増加に対応できる体制となりました。また、1日当たりの出荷能力は約1.2倍に増強され、当社が目標とする『完全自社倉庫対応化』に向けて大きな前進となります。

1.建物の概要

住所:福岡県鞍手郡鞍手町大字中山字重見155番16、177番10
延床面積:約24,200㎡
階層:5フロア

2.投資額

約30億円

3.特徴

①高床式倉庫で、トラックバースの形状をL型にすることにより大型車両の入出庫、特に当社が推進しているパレット輸送に効果を発揮

高床式倉庫で特徴的なL型バース

②2階から5階には構内作業が迅速に行えるように垂直搬送機と連結した自動倉庫を配備

自動倉庫は垂直搬送機と連結し、到着したトラックに積込む商品を自動的に選んで1階に降ろすことが可能

③保管設備として移動式ラック(1,400パレット)、デジタルピッキングシステム※ を備える

デジタルピッキングシステムにより、物探しの時間を短縮できる

※デジタルピッキングシステム・・・保管棚にデジタル表示器を設置して、ランプが点灯している所から目的の商品をピッキングする作業支援システム

④LED照明、太陽光発電装置の導入により、環境および省エネルギーに配慮した設計

太陽光発電装置

⑤21台の大型トラックの入出庫が同時にできる(従来の約2倍)倉庫で、
 スピーディな荷捌きが可能となり大型トラックの待機時間も大幅に減少

⑥建物の3面に開口を設けた倉庫で時間の制約を設けずに入出庫作業が可能

⑦搬送設備としてエレベーターが2基、パレット品用の垂直搬送機4基を装備

このページの一番上へ

タカラで叶える! 家事ラクリフォームのご紹介

タカラ製品取扱店・リフォーム店を探す

カタログ

ショールームのご案内