TOP > お客様サポート > お手入れマニュアル > キッチン編 > 天板、シンク

お手入れマニュアル

お手入れマニュアル キッチン編 天板、シンク
洗面化粧台編を見る
バス編を見る
トイレ編を見る
洗剤の種類をみる
ステンレス天板、シンク
<日常のお手入れ>
天板についた汚れはその都度ふき取るのが原則です。シンクも水仕事が終われば周りについた洗剤などを洗い流し、水滴をしっかりふき取りましょう。汚れはお手入れが早いほど簡単に落とせます。
<汚れてしまったら>
■軽い汚れは
柔らかい布またはスポンジに中性洗剤をつけてふき取り、水で十分に洗い落としてから乾いた布で水分をふき取ります。
■落ちにくい汚れや水アカは
こびりつきなどの落ちにくい汚れや水アカは水に浸した後、中性洗剤をつけて歯ブラシなどでこすり落とし、水で十分に洗い落としてから乾いた布で水分をふき取ります。それでも落ちにくい場合は、粒子の細かいクリームクレンザー(液体)を使用してこすり落とします。その後水拭きしてクリームクレンザーを完全にふき取り、最後に乾いた布で水分を完全にふき取ります。
 
<傷がついた場合>
柔らかい布またはスポンジに粒子の細かいクリームクレンザー(液体)をつけ、磨きます。その後、水拭きしてクリームクレンザーを完全にふき取り、最後に乾いた布で水分を完全にふき取ります。
<サビが付着した場合>
柔らかい布またはスポンジに粒子の細かいクリームクレンザー(液体)をつけてこすり落とします。その後、水拭きしてクリームクレンザーを完全にふき取り、最後に乾いた布で水分を完全にふき取ります。落ちにくい場合は歯ブラシなどを使用しましょう。
水アカについて
シンクなどに白くこびりついた斑点状のものは水中のマグネシウムやカルシウム分が水分の乾燥で石のように強固に付着したものです。元は水の成分なので安心してご使用頂けますが、長時間放置しないようにしましょう。
もらいサビについて
もらいサビとは、ステンレス自体のサビではなく、包丁や缶詰など放置された金属製のものが錆び付着したものです。放置するとステンレス自体も錆びてしまうため、放置しないようにしましょう。
ご注意
塩素系のヌメリ取り剤や塩素系漂白剤は使用しないでください。サビの原因となります。
金属タワシ、ナイロンタワシ、粉末クレンザー、ミガキ粉類は使用しないでください。キズの原因となります。
包丁、缶詰など金属製のものを水に濡れたまま放置しないでください。もらいサビの原因となります。
醤油、ソースなど塩分を含んだ調味料が付着した時はきれいにふき取ってください。サビの原因となります。
人造大理石天板
<日常のお手入れ>
ステンレス天板同様、使い終わったらすぐに水拭きし、水滴を残さないように乾拭きしましょう。
<汚れてしまったら>
■軽い汚れは
柔らかい布またはスポンジに中性洗剤をつけてふき取り、水で十分に洗い落としてから乾いた布でふきます。
■落ちにくい汚れは
ナイロンタワシを水に浸して円を描くように満遍なく磨きます。それでも落ちにくい場合は、クリームクレンザーを併用して磨いてください。磨き方によっては光沢が変わることがありますのでご注意ください。
<表面に傷がついた場合の補修方法>
粒子の細かいクリームクレンザーや#400程度の目の細かいサンドペーパーで磨いて、周囲の光沢と合うように補修します。 キズが深い場合は#240程度の目の粗いサンドペーパーで補修し、最後にナイロンタワシで周囲の光沢と合うように仕上げます。磨き方によっては光沢が変わることがありますのでご注意ください。
ご注意
鍋やヤカンなど熱いものを直接置かないでください。変色や変質の原因となります。
ページトップへ ▲
INDEXページへ

カタログ

ショールームのご案内

CMギャラリーCMギャラリー
ホーローの魅力がいっぱいの
最新CMをご紹介。

このページの一番上へ

タカラで叶える! 家事らくリフォームのご紹介

タカラパートナーショップ|タカラ製品取扱店・リフォーム店を探す

カタログ

ショールームのご案内