TOP > 製品情報 > システムバス・浴室・浴槽 > 耐震システムバス

耐震システムバス

震度6強相当の振動にも負けない強度。

地震対策への関心が高まっている今、浴室にも耐震性へのチェックは欠かしたくないもの。タカラスタンダードの耐震システムバスは、浴室の重さをしっかり支える「フレーム構造」の架台を採用。震度6強相当の振動にも耐え抜く強さと耐久性を誇ります。

※システムバス下台部分写真はプレデンシアです。シリーズにより若干仕様が異なります。

強さの秘密は、頑丈なフレーム構造。

浴室全体をしっかり支えるように設計されたフレーム構造。土台が折れたり曲がったりする心配もなく、抜群の安定性を発揮します。

厳しい実験で、優れた耐震性を実証!

震度6強相当の激しい振動を1分間加えても、タカラスタンダードの耐震システムバスは倒壊しませんでした。

【実験条件】

<実験状況>
システムバスユニット単体での加振実験(振動台に架台を固定)

<振動内容>
平均加速度:800gal、振動周波数:3~5Hz間で変移の振動(理論上の震度6強)を1分間加振
タカラシステムバス耐震実験の様子です。
※関西電力株式会社電力技術研究所の振動実験装置を用いて実験。

地震などの災害による断水時にも安心なおたすけコック

ライフラインの中でも、人間にとって最も重要なのは水だと言われています。災害後の生活では、トイレの水や洗い物など、あらゆる場面で水不足が問題になります。タカラの「エコキュート」「電気温水器」※には、タンク内の水を生活用水として利用するための「おたすけコック」がついています。地震による断水や水道管凍結などの非常時に、タンク内の水を非常用水として簡単に利用できます。
※一部対応していない機種もあります。

タカラだけの安心装備!

実際におたすけコックを使用されたお客様の声

阪神淡路大震災時に役立った!
ライフライン断絶時に貴重な水を確保

神戸市在住 A様

1995年、阪神淡路大震災が発生。地震後、周辺の地域全てのライフラインが寸断されました。当時、タカラの電気温水器が設置されているマンションに住んでいた私は、水の確保に大変困っていました。その時、マンションの住民が「おたすけコック」から中の水が取り出せることに気がつき、貴重な水を得ることができ本当に助かりました。その水は水洗トイレや洗濯などに役立ちました。

真冬の朝、まさかの水道管の凍結。
おたすけコックのおかげで素早く復旧。

石川県在住 N様

例年になくとても冷え込んだ年のある真冬の日、朝起きると水道管が凍ってしまって全く水が出なくなっていました。どうしようかと困っていたら、電気温水器からお湯が取り出せることを思い出し、早速「おたすけコック」からお湯を出して、急場をしのぐことができました。

突然の揺れにも、収納物が落下しないために「耐震ラッチ」

地震時のケガで多いのは、頭上からの物の落下。特にキッチンでは、食器類などの割れ物や重い物を収納することが多いため、注意が必要です。そこでタカラは、揺れを感知すると扉を内側から自動的にロックする耐震 ラッチをご用意。扉の上部についているので、収納物の出し入れの邪魔にもなりません。システムキッチン・洗面化粧台の扉に、オプションで設置できます。
※地質、建物の構造、階数等により性能を充分発揮できない場合があります。

<ロック時>

タカラのシステムキッチンは、ホーロー製だから、水害からも蘇ります。

台風による河川の増水などで、床上浸水の被害に遭われたら、家の設備機器は、ほとんど使い物にならなくなってしまいます。しかし、タカラスタンダードのシステムキッチンや洗面化粧台は、ホーロー製のため、水で丸洗いすることが可能。ホーローは水分が染み込むことがありませんから、隅々まで洗えて、すっきりキレイに再生できるのです。

床上浸水で泥をかぶったシステムキッチン
ホーロー製だから、水洗いして再使用できます。

このページの一番上へ

タカラで叶える! 家事らくリフォームのご紹介

タカラパートナーショップ|タカラ製品取扱店・リフォーム店を探す

カタログ

ショールームのご案内