転職者インタビュー

タカラスタンダードを志望した動機や入社の決め手

「ホーロー」が一番の決め手になりました。前職でも営業をやっておりましたが、他社と差別化出来る商材を持っているというのは非常に大きな武器であると感じました。また、若い社員や中途採用の社員関係なしに大きな仕事を任せてくれる社風。取り組む事、取り組まない事がはっきりした社風。ショールームの数や安定した商品の供給を考えた工場等の考え方など、多面的に非常に安心ができる会社だと感じ、入社しました。

今までに携わった業界や仕事内容

入社前は着物の卸問屋で営業をしておりました。仕事の内容と致しましては、和装品(着物)を小売店に販売、商品企画を得意先様へ提案し、採用後得意先様の展示会に参加し販売応援といった営業をしておりました。また、実際に産地に行き、商品の色・柄を選定し商品を企画するなどの仕事をしておりました。

現在のおもな仕事内容

ルート営業をやっております。毎日、代理店や販売店、工務店を訪問し、現場情報の取得、現場打合せ、研修会・展示会の提案が主な仕事になります。また、受注のカギとなるショールームアドバイザーとは来場のお客様などの情報交換を密に行い商品が受注につながるようにやっております。受注を取る仕事以外にも、内勤者への発注業務、アフター修理依頼の担当者との摺りあわせなど、各部署との連携を細かくとりながら、社内外への「報・連・相」を大切にしております。

この仕事ならではの「あなたの仕事」の面白さ、やりがい、難しさ

一番困難だった事

転職という立場もあり早い時期から担当をもらい一人で営業に出ました。私の一番困難だった事は、営業に出始めた時の現場での大工さんとの打合せでした。事前に研修は先輩方にして頂きましたが、やはり現場では商品の納まりなど知識がない事が多く非常に困りました。日々現場等で困ることがありましたが、現場で解らない事があれば、営業の先輩やショールームアドバイザー、内務の方などに部署を関係なく沢山の事を教えて頂きました。また、現場で大工さんや、得意先様にも教えてもらえる事もありました。一つ一つ解らない事をメモし皆さんに教えて頂き成長しました。

仕事における今後の目標や夢、キャリアプラン

入社5年目になりますが、やはり基本営業をやり続ける事が目標です。基本営業をやり続ける事で、強い営業になりキャリアアップ、社内外でも頼られる営業になる事が目標です。 

PAGETOP