転職者インタビュー

タカラスタンダードを志望した動機や入社の決め手

建築課を卒業して、建物のデザインから店舗内装や家具・キッチンの構造等に興味を持つようになりました。基本的には、前職の知識・経験を活かせる仕事につきたいと考えていました。現場での建物の知識・職人との交渉・物事の流れ等、前職の経験を元に、新たに教わった事、学んだ事を自分なりに理解して、日々精進しています。

今までに携わった業界や仕事内容

店舗内装業(主にデパート・美容室・飲食店等の内装工事)  店舗内装設計のデザイン会社より仕事を依頼され、木工事・家具工事・電気工事・ガラス工事・LGS工事などを発注し、現場を管理したり、収まり図を作成し要望通りのイメージに完成させる仕事。(一般住宅で例えると現場監督的な立場)  家具工事を主に仕事をしており、木を加工する工場や、職人もいたため、特注のキッチンや、オーダーメイドの家具の製作設計にも携わっていました。

現在のおもな仕事内容

特販課施工監理のなかで、現場での担当者・大工・他業者との打合せ(納まり・工程)、新規施工業者への組付指導、事故トラブル事例の検証を行い再発防止指導。

この仕事ならではの「あなたの仕事」の面白さ、やりがい、難しさ

一般戸建の現場管理業務をしておりますが、携わっている人の数がとにかく多く、社内の方・認定工事店の方、取引先の工務店・ハウスメーカーの現場担当者、現場にいる方(大工・設備業者・電気業者)と携帯電話に登録してあるだけで数百件です。そのなかで、相手のくせや、進め方を理解し、こちらの要望を伝え、交渉して、仕事をしていく事が非常に難しいのと同時にやりがいも感じます。また取り扱っている商品もたくさんあって、その中での施工・取付の仕方の知識・経験を習得して、現場での打合せ等に反映させていく事が大切だと思います。

仕事における今後の目標や夢、キャリアプラン

震災復興需要の関係もあり、ますます売り上げが見込まれ、施工現場数も増えてくる事が予想されるので、新規施工業者の育成・現場トラブルをなくして安定した施工ができるように工務課員として、会社に貢献していきたいと思います。

PAGETOP

小野寺 和幸 2007年 入社 仙台支店 工務課 建築課 卒
特販課施工監理
・宮城県北・県央・岩手エリアの担当現場管理・打合
・施工業者指導パトロール
・新規工事店育成強化指導
・施工業者定例会議・研修会 企画開催