転職者インタビュー

タカラスタンダードを志望した動機や入社の決め手

元々建設現場で資材一括揚重管理の仕事をしており現場の管理仕事には多少慣れていました。そこに施工監理を加えたときの楽しさ、奥深さに興味を持ち、まず派遣社員としてタカラスタンダードには入りました。その時に見た、先輩社員の皆の一体感、仲間のために、たとえ夜遅くなろうとも笑顔でフォローしあう姿に体育会系育ちの私は共感し、この中で一緒の立場で仕事をしたいと思っていたところに正社員登用の話を頂き、即入社を決意いたしました。

今までに携わった業界や仕事内容

大学を出て三年間は大学時代から続けていた建設現場での資材揚重のアルバイトを続けながら、自分の目指す夢を追いかけていました。志半ばで夢を諦め、そのまま社員として働き、揚重センター長として資材一括揚重管理を行っていました。もちろんタカラスタンダードのキッチンも運んだことは何度もあります。工程を先読みしながら、いつどの業者の資材を搬入すれば各業者さんがスムーズに作業を進められるか考えながらの毎日で、キッチンのような大物はタイミングを間違えると前工程の業者さんの作業効率が悪くなってしまうため、一番頭を悩ます所でした。その時の経験は今の仕事にも生かされています。

現在のおもな仕事内容

マンション物件の施工監理です。タカラの工事前にゼネコンと工程、取付方法の打合せと取付箇所の事前チェックを行います。特に吊物用の取付下地チェックは重要事項です。取付期間中は施工業者さんと問題なく取付出来るか、工程に無理がないか確認し不具合があればゼネコンと再打合せし工事がスムーズに行えるようにします。取付完了後は見た目も大事ですがキッチンとしての機能に問題ないか水栓、ガス器具等の機能商品の作動チェックと吊物の取付状況を念入りに自主検査を行います。地域柄大手ディベロッパーのシリーズ物件が多く、時にはゼネコンだけでなくディベロッパーも交えて品質向上の打合せをすることもあります。より良い物にする為に急遽商品変更なんてこともあり、関係各者に対応してもらい納 品します。いつも無理なお願いに対応してくれている関係各者に感謝しています。

この仕事ならではの「あなたの仕事」の面白さ、やりがい、難しさ

ある現場で納期が遅れ現場工程に一ヶ月以上間に合わない事があり、途中『納期が確定するまで来るな』と言われたりもしましたが、それでも毎日のように現場事務所に謝りに行った事がありました。現場も私のしつこさに折れ、遅れた分を短期間で補うことで納得して頂き、施工業者さんの協力の下、1週間で遅れを取り戻しました。施工面で信用を取り戻し、その後は施工業者共々非常に良い環境で施工に携わることが出来て、無事竣工を迎えたとき、そして1年後その現場の担当者から他の現場の施工の件で相談の電話が来たときその当時の辛さの記憶が一瞬にして消え去りました。この仕事は自分の行動が全てを左右します。その分のしかかる責任は大きいですが、やり終えた時の達成感は何事にも代えられません。

仕事における今後の目標や夢、キャリアプラン

私が施工担当させて頂いている賃貸シリーズ物件で、品質にも注視しながら作業効率を考えたホーローキッチンパネルの施工方法を提案し採用された物件があります。この方法の採用によって施工業者さんの取付工程を短縮することが出来ました。それぞれ現場にあった施工方法というものもあり、施工監理の立場の私たちの行動一つで作業効率、品質の良し悪しが決まります。これからも一つでも多く作業効率向上と品質の向上になるような施工方法を考えて施工監理の職に従事していきたいと思います。

PAGETOP

立石 修平 2007年 入社 関東直需支社 工務部 工務一課 法学部 卒
特販課施工監理 ・宮城県北・県央・岩手エリアの担当現場管理・打合 ・施工業者指導パトロール ・新規工事店育成強化指導 ・施工業者定例会議・研修会 企画開催