メインビジュアル メインビジュアル

CAREER STORY

ショールームアドバイザー(チーフ)宮内 美里

CAREER

保育士として4年間勤務した後、他の仕事への興味からタカラへ。15年以上の勤務経験を活かし、現在はチーフアドバイザー(※)として各営業所の後進の指導にも力を注ぐ。

※チーフアドバイザー …
所属する支店のショールームの改善や、新人・若手アドバイザーの研修を行う

PROFILE

Miyauchi Misato
2003年入社

少しずつ実現する
働き方改革。
アドバイザーのリーダーとして
めざすのは、
長く働ける環境づくり。

スタッフ写真01

Q.01 タカラに入社した理由

短大を卒業後、保育士として4年間働いていました。保育士の仕事に不満があったわけではありませんが、資格さえあればまた働く機会もあると思い、他の仕事もやってみたいという想いから転職活動をはじめました。そして、ちょうどその時期は実家をリフォームするというタイミングで、ショールームに足を運んだ際、そこで目にしたアドバイザーという仕事に惹かれたことがきっかけのひとつになりました。さらに、一部上場企業でもあり、長く働くことができそうな安心感も転職を決める決断を後押ししてくれましたね。

スタッフ写真02

Q.02 現在の仕事内容

ショールームにご来場されたお客様のご要望やお悩みをお聞きし、当社の商品でどのようなモノを選んでいただくと快適に使えるのかを、実物を見て体感していただき、ご提案します。また、現在はチーフアドバイザーであるため、ショールームでのアドバイザー業務の他に、支店長や営業所長、ショールームのフロアリーダーたちと連繋し、研修を立案・実施しています。お客様により良いご提案ができるよう、担当エリア内のアドバイザーのレベル向上と、そのための環境づくりも重要な役割です。

スタッフ写真03
スタッフ写真04

Q.03 前職の経験が活かされた瞬間

前職が保育士という、今とはまったく畑の違う仕事をしていたので、正直その経験が今の仕事にどこまで活かされているかはわかりませんが、仕事に対する責任感は保育士時代に培われたものなのかもしれません。前職は、子供達の成長に関わるとても責任の大きな仕事でした。今もお客様にとっては、簡単にご購入を決めることができない商品を取り扱っています。お客様の生活に長く寄り添っていく商品だからこそ、その商品選びのお手伝いはとても責任を感じる仕事です。お客様のご相談に耳を傾け、できる限りご要望に沿った商品をご提案したいと常々思っています。

スタッフ写真05

Q.04 私のターニングポイント

ターニングポイントは、自身の結婚や出産でしょうか。結婚や出産を経験したことで、お客様へのご提案の幅は広がったと思っています。ご来場いただくお客様の多くは、ご家族がいらっしゃる方。お悩みも家事や育児に関係することが多いので、若い頃はどうしても想像でお話を聞くしかありませんでした。でも、家事や育児をやるようになってからは、お客様のお悩みに共感できるようになり、より現実的なご提案ができるようになったと思います。そういう意味においても女性が長く働くことのできる環境は大切だと思いますね。

Q.05 今後のキャリアプラン

チーフアドバイザーとしてまだまだ取り組むべきことがあると思っています。アドバイザーにとって働きやすい環境とはどういったものかを皆と検討し、これまでの業務を見直しながら、効率の良い進め方に改善していくなど、皆が長く働くことができるようにしたいですね。そして、私自身も今以上に成長できればと思っています。自社だけでなく他社の商品知識をしっかり学ぶのはもちろん、インテリアや建築の分野にも興味を広げ、幅広い知識を仕事に役立てたいですね。そのために、ショールームのみんなで整理収納アドバイザーやリフォームスタイリスト1級資格を取りました。また、インターネットで流行りの傾向などを勉強したり、建築関係の雑誌を見たりもしています。

ある1日の仕事の流れ

9:10
朝礼 本日の予約状況やプラン依頼の確認。
みんなで鏡の前に立ち笑顔の練習をして1日の仕事がスタート。

9:15
清掃 ショールームの清掃。展示数が多いので、曜日で清掃場所を決め、
いつも綺麗なショールームを維持。

9:50
担当エリア内のショールームの状況確認。
気になる点は、各フロアリーダーにヒアリング。

10:00
ショールームオープン 来店されるお客様への接客対応。

17:00
ショールーム閉館 月1回の営業職とのミーティング。
レベルアップのためのロープレもアドバイザーと営業職で一緒に実施。

18:00 接客後の事務処理や連絡事項などを片付けて終了。

18:30 退社

スタッフ写真06

Q.06 休日は何をして過ごしていますか?

普段は掃除機をささっとかけるくらいしかできないので、休日は念入りな掃除と布団など大物の洗濯で午前中はつぶれてしまいます。昼間は友達と休みを合わせて、ランチや買い物に行ったりしています。夕方からは子どものお迎えや習い事の送迎、夕食作り、宿題のチェックなど大忙し。
また、子どもの長期の休みに合わせて旅行に行くのが仕事を頑張るモチベーションになっています。今年は春休みに金沢へ、夏休みに北海道と箱根旅行に行ってリフレッシュしてきました。