ショールーム予約

グリーン住宅ポイント制度でおトクにリフォーム!

グリーン住宅ポイント制度
について

新型コロナウイルス感染症の影響により落ち込んだ経済の回復を図るため、一定の性能を有する住宅の新築やリフォームに対して、商品等や追加工事と交換できるポイントを付与する制度です。

住宅のリフォームに関する制度の概要

  1. 開口部(窓・ドア)の断熱改修
  2. 外壁、屋根・天井または床の断熱改修
  3. エコ住宅の設備
  4. バリアフリー改修
  5. 耐震改修
  6. リフォーム瑕疵保険への加入
  7. 既存住宅購入加算
  • :いずれか必須。:任意。
  • ※1
    申請あたりの合計ポイントが5万ポイント未満の場合はポイント発行申請できません。
  • 既存住宅購入加算」に該当する場合は、のポイント数の2倍のポイント数を発行します。

ポイント発行対象となる契約や申請の期間

グリーン住宅ポイント制度
対象商品

システムキッチン
4,000ポイント

\ おすすめの商品はこちら /

水栓

\ 対象製品の品番はこちら /

節湯水栓

\ キッチンのラインナップはこちら /

キッチンページ

システムバス
最大80,000ポイント

  • 断熱フロフタとのセットが条件となります。

\ おすすめの商品はこちら /

高断熱浴槽とは?

\ 対象製品の品番はこちら /

節湯水栓

高断熱浴槽

外窓交換

  • 節湯水栓で年間27,000円おトク!

    節湯水栓KF9032シリーズとエシャワーWを組み合わせれば、従来型のシャワーヘッドと比べて、年間27,000円おトク!

  • 高断熱浴槽なら、高い保温性で光熱費をカット!

    断熱風呂フタとセットなら4時間後の湯温低下をわずか2.5℃以内に抑えます。(JIS準拠)

洗面化粧台4,000ポイント

\ 洗面化粧台のラインナップはこちら /

洗面化粧台ページ

\ 対象製品の品番はこちら /

節湯水栓

トイレ最大21,000ポイント

\ おすすめの商品はこちら /

掃除しやすいトイレとは?

\ 対象製品の品番はこちら /

節水型トイレ

\ トイレのラインナップはこちら /

トイレページ

  • Uシリーズなら、年間12,000円おトク!

給湯機器最大24,000ポイント

\ 給湯機器のラインナップはこちら /

給湯機器ページ

\ 対象製品の品番はこちら /

高効率給湯器

  • エコキュートなら、年間約50,600円おトク!

    • 各水道光熱費の試算条件については、弊社カタログに記載しております。

※一戸あたりの合計50,000ポイントから申請できます。

  • エコ住宅設備において高断熱浴槽、高効率給湯器については、その設置台数によらず、設置を行った設備の種類に応じたポイント数が発行されます。節水型トイレ、節湯水栓については、設置を行った設備の種類に応じたポイント数にその台数を乗じたポイント数が発行されます。
  • バリアフリー改修においてはその箇所数によらず、改修を行った対象工事の種類に応じたポイント数が発行されます。

申請手続きについて

1. 追加工事に使用する場合の流れ
(リフォーム工事完了後申請)

  • 戸別申請で標準的な場合を示したもの

2. 商品と交換する場合の流れ
(リフォーム工事完了後申請)

  • 戸別申請で標準的な場合を示したもの

3. 基本的な申請の流れ

工事完了後のポイント発行申請

リフォームの場合

工事完了前のポイント発行申請

大規模なリフォーム〈1,000 万円(税込)以上〉の場合

  • 工事完了前のポイント発行申請の場合は、工事完了後に完了報告が必要です。
  • 対象期間内であっても予算上限まで達した場合はポイント発行が終了する可能性があります。

4. 申請書の添付書類等
(リフォームの場合)

提出が必要な書類 基本的な添付書類 ポイント発行申請 完了報告
完了後 完了前
共通 工事請負契約書の写し
対象工事内容等に応じた
で性能を証明する書類
工事施工者が発行する
リフォーム工事計画書
(指定の様式)
工事施工者が発行する
リフォーム工事証明書
(指定の様式)
申請者の本人確認書類
(健康保険証、運転免許証の写し等)
代理申請の場合 代理申請者の確認書類
若者子育て世帯の場合 申請者の住民票の写し ※1
【40歳以上の世帯の場合】住民票の写し
(世帯票。申請者と子供の同居がわかるもの)
※2 ※2
既存住宅購入の場合 売買契約書の写し
不動産登記の全部事項証明書
申請書の住民票の写し ※3
  • <凡例>◎必須 〇該当する場合に提出
  • ※1
    40歳未満の世帯のみ提出が必要。「申請者の本人確認書類」において申請者の住民票の写しを提出し、当該書類で確認できる場合は提出不要です。
  • ※2
    「申請者の本人確認書類」において住民票の写し(世帯票)を提出し、当該書類で確認できる場合は提出不要です。
  • ※3
    「申請者の本人確認書類」において申請者の住民票の写しを提出し、当該書類で確認できる場合は提出不要です。

Catalog

2021年2月25日時点の情報です。このページの記載は、予告なく変更する場合がございます。
最新の情報は、グリーン住宅ポイント事務局のホームページにて必ずご確認ください。

グリーン住宅ポイント制度に関するお問い合わせ

グリーン住宅ポイント事務局(国土交通省)

https://greenpt.mlit.go.jp/

0570-550-744(有料)

受付時間 09:00~17:00(土日祝を含む)

WEB予約のメリット

  • 24時間いつでも予約可能!

    • ※30日先までの空き状況が確認可能。(一部ショールームを除く)
    • ※ご来場日の24時間前まで予約可能。
  • 会員登録でカンタン予約管理♪
    LINEのともだち登録をすると、予約前日にメッセージを送付します。

  • お家の図面や写真、仕様書などをお送りいただくと、ご案内がスムーズ!

ショールーム 検索・予約