タカラスタンダード 「きれい」と暮らそう、高品位ホーロー。

ガラスフィラー

GLASSFILLER

ガラスフィラーとは

  • フィラーとは複合材料において高物性、高機能の付与、あるいはコストダウンなどの目的のために添加される充填材です。

    弊社ガラスフィラーはガラスの特徴を生かしたフィラーであり、マトリックス材としての樹脂の種類を選びません。(不飽和ポリエステル樹脂、アクリル樹脂、エポシキ樹脂などの熱硬化性樹脂、ポリプロピレン、ポリエチレンなどの熱可塑性樹脂のいずれにも対応可能です。)

お問い合わせ

屈折率調整可能範囲

一般にフィラーとして使用されている溶融シリカ、結晶質シリカ、水酸化アルミニウムなどは物質固有の屈折率を有するので、複合材の透明性を得るためには樹脂側の屈折率を調整する必要がありますが、ガラスフィラーなら樹脂を選びません。

お問い合わせ

ガラスフィラー品番別屈折率と物性値

品番 屈折率 成分 真密度
g/cm3
線熱膨張係数
×10-6/K
屈伏点
CF0027 1.48 SiO2 ZrO2 B2O3 Na2O F2 2.3 4.0 672
CF0093 1.50 SiO2 Al2O3 B2O3 CaO MgO F2 2.4 3.9 845
CF0018 1.52 SiO2 Al2O3 B2O3 CaO ZnO 2.4 4.1 731
CF0017 1.55 SiO2 Al2O3 CaO ZrO2 F2 2.6 4.7 811
CF0002 1.56 SiO2 Al2O3 CaO Na2O 2.7 6.4 800
CF0033 1.57 SiO2 Al2O3 CaO SrO 2.7 6.1 826
CF0003 1.58 SiO2 Al2O3 CaO Na2O 2.7 7.1 806

サンプルご入用の際は、品番の他に希望の平均粒径と表面処理の有無をご指定下さい。

上記品番以外にも各屈折率のガラスフィラーを提出できますのでお気軽にお問い合せ下さい。

お問い合わせ

屈折率調整可能範囲
nD 1.46 ~ 1.65
粒径調整可能範囲
D50 1~100μm(分級、最大粒径の指定も可能ですのでご相談下さい)
各種表面処理
処理剤の種類と添加量の指定も承ります。
球状化加工(ビーズ化)
球状化加工も可能です。(ガラスビーズをご参照下さい

成分調整も行えますので使用不可成分の指定も可能です(RoHS指令など各種対応可能)

  • 成分指定が有る場合は、上記調整可能範囲より狭い範囲での調整となる場合がありますが、ご了承願います。

特徴

ガラスはその組成を調整することにより、屈折率を始めとして様々な物性の制御、及び機能の付与が可能です。

また、ガラス特有の性質を利用して以下のような効果が得られます。

透明性のコントロール ガラスの特徴である屈折率調整の自由度を生かして、複合材料の光線透過率を制御することが可能です。
高い機械的強度と表面硬度 ガラスのモース硬度は4~6であり、複合材の表面硬度を向上させることが可能です。また、フィラーの粒径を制御することにより、機械的強度の向上も期待できます。
耐熱性 ガラスの軟化温度は400~800℃と高温なため、複合材の耐熱性を向上できます。
寸法安定性 ガラスの線熱膨張係数は30~100×10-7/Kと低く、複合材の寸法安定性が向上します。

お問い合わせ

使用例

  • 人造大理石浴槽

  • 人造大理石天板・シンク

お問い合わせ

主な用途

人造大理石用フィラー ガラスフィラーを使用した複合材の透明性を生かし、バスタブ、洗面化粧台、キッチン天板、内装パネル、インテリア製品などの人造大理石用フィラーとして幅広く使用されています。
光拡散材用フィラー 高い全光線透過率を保ちつつ高い光拡散性を有した複合材を作製できます。
接着剤用フィラー ガラスの低熱膨張性を生かし、接着剤硬化前後での収縮を小さくし、寸法安定性を高くできます。また、接着剤の可視光線、紫外線に対する透明性を制御することが可能です。

お問い合わせ

PRODUCTS

ガラスフリット

CONTENTS

ショールームを探す