ワークライフバランス

タカラスタンダードでは、各種保険制度はもちろん、プロジェクトの発足や制度の整備など、
さまざまな角度から働きやすい環境づくりに取り組んでいます。

働き方改革プロジェクト

社員の健康的な生活、仕事と家庭の両立を目指し、様々なかたちで働き方改革に取り組んでいます。
その中で、3つ事例を紹介します。

  • 残業削減

    業務システム稼働時間の短縮、ITツールの導入、定時外の会議・打合せ禁止などの取組により残業削減に努めています。

  • 業務改善表彰

    個人またはグループで取り組んだ業務改善事例について、優秀な事例と認められるものを半期に一度表彰しています。

  • アニバーサリー休暇

    ご自身や家族の誕生日など記念日に有休休暇取得を促進しています。

子育て支援

当社は、子育てサポート企業として「くるみん認定」を受けました。制度を整えることで、
育児休業を取得後復帰して活躍する方が年々増加しています。
そこで各種の制度と、育児と仕事を両立しながら活躍する女性社員を紹介します。

  • 育児休業

    お子さんが 1歳に達するまで取得可能です。保育所に入園不可の場合、最長で2歳に達するまで取得可能です。

  • 育児短時間勤務

    お子さんが3歳に達するまで、1日の勤務時間を最大1時間50分短縮する事が可能です。

  • 時差出勤

    お子さんが小学生に入学するまで、1日最大1時間までの時差出勤が可能です。

M.S. さん(30 代前半)

ショールームアドバイザー

Q.01 仕事内容を
教えてください
産休・育児休暇を取得する前と同様、ショールームアドバイザーとして働いています。
Q.02 制度を利用してみて
どうでしたか?
周りにも産休と育児休暇を取得した後、復帰して活躍している方たちがいたので、安心してお休みできました。復帰後、スムーズに仕事にもどれるか多少不安でしたが、周りの協力によって思ったより早く復帰できたように感じます。
Q.03 周囲の社員の方に助けられていると
感じることはありますか?
子供が小さいうちは急に熱を出したり、体調不良になったり、育児と仕事の両立は思っていた以上にかなり大変ですが、周りの方々が早く帰られるように協力してくれています。子供が体調不良などの時には、急な休日調整なども皆さん快く引き受けてくれて助かっています。
Q.04 どのような目標をお持ちですか?
ママアドバイザーとして、これから産休や育児休暇を取得する方たちの目標になれるように頑張ります。

Y.S. さん(30 代後半)

営業

Q.01 仕事内容を
教えてください
営業です。マンションなどの集合住宅の開発を手がけるディベロッパーをはじめ、ゼネコンや設計事務所へ、集合住宅向けのキッチンや洗面化粧台・システムバスを提案しています。
Q.02 制度を利用してみて
どうでしたか?
2 人とも0歳児での保育所入所ができたので、繰り上げで復職しましたが、時間のゆとり、気持ちのゆとりを持って有意義に過ごせました。どんどん成長する子供の姿を間近で見ることができて幸せでした。
Q.03 周囲の社員の方に助けられていると
感じることはありますか?
最初は不安に思うことが多かったのですが、多くの方の協力を得て休職・復職することができました。時短勤務の今も、業務のボリュームや、打ち合わせ・会議の時間を配慮していただき、とても感謝しています。保育所に預けているとはいっても、何かあるとすぐに帰らないといけない場合もあります。実際に何度も急にお休みをいただいたり、早退したりすることもありますが、フォローしてくださるので助かっています。
Q.04 どのような目標をお持ちですか?
私自身は、常に自立した人間でありたいと思い、日々奮闘しています。共働きやワーママが増えている中で、身をもって仕事と子育てを両立する大変さを経験できたからこそ、働く女性の助けになるような商品を提案していきたいと思っています。