ショールームアドバイザー

清水 栞Shimizu Shiori

2016年入社
表象文化学部 英語英文学科卒

常に前向きな姿勢で挑戦することがモットー。ショールームの展示を魅力的に見せるために新しいディスプレイの提案を行ったり、他メーカー商品について勉強し、提案に取り入れるなど、日々挑戦を続けている。

寄り添いながら、お客様を最適な道へ導く。

  • Q.01 現在のお仕事について教えてください

    関西最大規模のショールームである大阪HDCショールームに所属。様々なご要望・目的をもつ、お客様一人ひとりに対して、ベストなご新築・リフォームとなるよう、ご要望に合わせてタカラ商品をご提案しています。ご要望を聞くだけでなく、知識や経験を活かし、ご要望に沿う最適な道にお客様を導くことがアドバイザーの役割。他社製品の勉強や自宅での掃除や料理等を通じてホーロー素材の魅力をより具体的に説明できるよう日々、経験や知識を磨いています。
    また、ショールームに足を運んでくださったお客様に、楽しんで帰っていただくことも心がけています。最初は自由に見学したいとおっしゃるお客様も、掃除や料理の話から楽しくホーロー実演をすることで心を開いてくださり、最後には『楽しかった!ありがとう!』というお言葉をいただけることもしばしば。次回指名で予約をしてくださることも多いです。
    入社1年目の時、リフォームを終えたお客様からキッチンとバスのリフォーム後の写真付きハガキを頂いたことがありました。ご提案を通じてお客様に喜んでいただけた時には、とてもやりがいを感じます。私の接客についても褒めてくださり『ずっとそのままで居てください』という言葉をいただけたことは今でも忘れられません。

  • Q.02 タカラに入社を決めた理由は何ですか?

    会社説明会でホーローの実演を見て、この商品なら自信を持って売れる!とホーローのファンになり、大学時代、飲食店でのアルバイトを通じて「人を喜ばせることのできる仕事がしたい」と考えていた私にぴったりな仕事だと感じました。また、同じ業界で働いている父の影響もあり、アドバイザーをするなら数あるメーカーの中でもタカラスタンダードが良いよと勧めてくれたことも入社を決めた理由の一つです。
    タカラスタンダードは人をしっかりと見てくれる社風であり、面接で私の考えにしっかりと耳を傾けて下さったこともとても印象的でした。

  • Q.03 職場は、どんな雰囲気ですか?

    入社後約3年間、岸和田ショールームに在籍していました。1階がショールームで2階が営業所だったため、営業や事務の方とも距離が近く、彼らとの仕事を通じて様々なことを学びました。アットホームな雰囲気の中、岸和田という義理人情に厚い土地柄で沢山の素敵なお客様と業者様に恵まれ、成長できたと思います。結婚し転居してからは大阪HDCショールームへ異動になりました。ここでは、数多くのお客様に接することで、知識や経験の幅が大きく広がっているのを実感しています。20名のアドバイザーと共にモチベーションを高めながら働けるのは、大阪HDCショールームの魅力です。

  • Q.04 タカラの、どんなところが好きですか?

    他社には真似できない『高品位ホーロー』の商品力・技術力です。数あるメーカーの中で、ここまで素材にこだわっているメーカーはタカラだけだと思います。実際にアドバイザーとして接客していると、マグネットが使える点、清掃性、耐久性などお客様の悩みがほとんどホーローで解決するということを実感します。『タカラにして良かった!』『お友達にも勧めたよ!』と言って下さる方も少なくありません。ホーローは多くの人を幸せにする力があると思います。そんなお客様のお声を一番近くで聞けるのもアドバイザーの醍醐味です。

  • Q.05 ある一日の仕事の流れ

    7:00 起床
    出来るだけ毎日お弁当を作っています。
    9:00 出社
    朝礼、ショールームの清掃、予約のお客様の確認
    10:00 ショールーム開店
    接客やお見積り作成や電話対応。ショールーム展示の打ち合わせなど。
    昼食 ランチ
    ランチ後はコーヒータイム。ほっとする楽しい時間です。
    午後
    接客したお客様のプラン作成や情報入力、接客など。
    17:00 ショールーム閉店
    事務処理、翌日の予約の準備、終礼をします。
    18:00 退社
    仕事帰りに食材の買い物をすることもあります。
    19:00 帰宅
    夕食作りとお弁当の準備。主人と外食することもあります。
    0:00 就寝
    家事を終えた後はのんびりお風呂に浸かってから就寝。
  • Q.06 休日は何をして過ごしていますか?

    結婚してから、料理が趣味になりました。少し凝った料理から、仕事帰りでもすぐに料理が出来る時短調理も勉強中で、お肉に味を付けて冷凍ストックを用意するなど工夫しています。ホットプレートで出来るレシピのレパートリーも増やし中です。料理をするようになってからお客様と料理の話で盛り上がることが多くなりました。先輩や後輩にレシピを教えてもらったりもしています。

※記事内容は取材当時のものです。