ショールーム予約

ワークトップのお手入れ方法

クォーツストーン
(高級人造石)の場合

日常のお手入れ(毎日)

  • 使い終わったら、よくしぼったやわらかい布で水滴や汚れを拭き取ります。

汚れた場合(週1度)

    • うすめた台所用中性洗剤をつけたやわらかい布またはスポンジで、汚れを拭き取ります。使い古した歯ブラシを水に浸してからこすると、より効果的です。
    • 水ぶきして洗剤を残さず拭き取ります。
    • 乾いたやわらかい布で水分を拭き取ります。

落ちにくい汚れや水あかの場合(月1度)

  • 清掃用アルコールをつけたやわらかい布で汚れを拭き取ります。まずは目立ちにくい場所で試した後、少しづつ様子を見ながら磨きましょう。

ご注意

  • 酸性・アルカリ性・塩素系の洗剤、漂白剤などがついたら、水で十分に洗い流してください。変色の原因となります。
  • 研磨剤入りスポンジを使用しないでください。キズの原因となります。
  • 油や煮こぼれを放置しないでください。変色や変質など製品を傷める原因となります。
  • うがい薬、マニキュアの除光液、こげとり剤(塩化メチレン系など)、毛染め液、ジェル系クレンジング剤がついたらすぐにふき取ってください。変色や変質など製品を傷める原因となります。
  • 火のついたタバコを置かないでください。変色や変質など製品を傷める原因となります。
  • フライパンや鍋、やかんなど熱いものは直接置かず、必ず鍋敷きをご使用ください。変色や変質など製品を傷める原因となります。

人造大理石製
(アクリル・ポリエステル)
の場合

日常のお手入れ(毎日)

  • 使い終わったら、よくしぼったやわらかい布で水滴や汚れを拭き取ります。

汚れた場合(週1度)

    • うすめた台所用中性洗剤をつけた布またはスポンジで、汚れをふき取ります。
    • 水ぶきして洗剤を残さずふき取ります。
    • 乾いたやわらかい布で水分をふき取ります。

落ちにくい汚れの場合(月1度)

    • ナイロンタワシ(住友スリーエム:スコッチ・ブライトなど)を水に浸して、円を描くようにまんべんなく磨きます。それでも落ちない場合は、クリームクレンザーを併用して磨きます。
    • 水ぶきしてクリームクレンザーを残さずふき取ります。
    • 乾いた布で水分を残さずふき取ります。
      布の代わりに食品用ラップにクリームクレンザーをつけて磨くと、より効果的です。
      粒子の細かいクリームクレンザー(液体)で強く磨くと光沢が変わる恐れがあります。まずは目立ちにくい場所で試した後、少しずつ様子を見ながら磨きましょう。

表面にキズがついた場合

    • クリームクレンザーや目の細かいサンドペーパー(#400程度)でキズがなくなるまで磨きます。キズが深い場合は、目の粗いサンドペーパー(#240程度)を使用してください。
    • ナイロンタワシ(住友スリーエム:スコッチ・ブライトなど)で、周囲の光沢と合うように磨きます。
    • すぐに水ぶきして汚れを残さずふき取ります。
    • よくしぼったやわらかい布で水分を残さずふき取ります。
      磨きかたによっては、光沢が変わる恐れがあります。まずは目立ちにくい場所で試した後、少しずつ様子を見ながら磨きましょう。

ご注意

  • 酸性・アルカリ性・塩素系の洗剤、漂白剤などがついたら、水で十分に洗い流してください。変色や変質など製品を傷める原因となります。
  • 油や煮こぼれを放置しないでください。変色や変質など製品を傷める原因となります。
  • うがい薬、マニキュアの除光液、こげとり剤(塩化メチレン系など)がついたらすぐにふき取ってください。変色や変質など製品を傷める原因となります。
  • 火のついたタバコを置かないでください。変色や変質など製品を傷める原因となります。
  • フライパンや鍋、やかんなど熱いものは直接置かず、必ず鍋敷きをご使用ください。変色や変質など製品を傷める原因となります。

ステンレス製の場合

日常のお手入れ(毎日)

  • 使い終わったら、よくしぼったやわらかい布で水滴や汚れをふき取ります。

汚れた場合(週1度)

    • うすめた台所用中性洗剤をつけた布またはスポンジで、汚れをふき取ります。
    • 水ぶきして洗剤を残さずふき取ります。
    • 乾いたやわらかい布で水分をふき取ります。

落ちにくい汚れの場合(月1度)

    • 布またはスポンジに、粒子の細かいクリームクレンザー(液体)をつけて磨きます。
    • 水ぶきしてクリームクレンザーを残さずふき取ります。
    • すぐに水ぶきして汚れを残さずふき取ります。
    • 乾いたやわらかい布で水分をふき取ります。
      布の代わりに食品用ラップに洗剤をつけて磨くと、より効果的です。
      粒子の細かいクリームクレンザー(液体)で強く磨くと光沢が変わる恐れがあります。少しずつ様子を見ながら磨きましょう。

水あかについて

白くこびりついた斑点状のものは水中のマグネシウムやカルシウム分が水分の乾燥で石のように強固に付着したものです。元は水の成分なので安心してご使用いただけますが、長時間放置しないようにしましょう。

もらいサビについて

もらいサビとは、ステンレス自体のサビではなく、包丁や缶詰など放置された金属製のものがサビ付着したものです。放置するとステンレス自体もサビてしまうため、放置しないようにしましょう。

ご注意

  • 研磨剤入りスポンジ、金属タワシ、ナイロンタワシ、粉末クレンザー、ミガキ粉類は使用しないでください。キズの原因となります。
  • 塩素系の洗剤、漂白剤、ヌメリ取り剤は使わないでください。サビの原因となります。
  • 油や煮こぼれを放置しないでください。サビの原因となります。
  • しょうゆや味噌など塩分を含んだ調味料が付着した時はすぐにふき取ってください。サビの原因となります。
  • フライパンや鍋、やかんなど熱いものは直接置かず、必ず鍋敷きをご使用ください。製品を傷める原因となります。

Catalog

  • 最新版 お手入れマニュアル

    2018年12月発行

  • お手入れマニュアルのバックナンバー

    2018年2月発行